• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 健康・福祉 > 健康・医療 > 母と子の健康 > 1歳未満のお子さんのいる方 > 低体重児の赤ちゃんが生まれたとき

ここから本文です。

更新日:2013年2月25日

低体重児の赤ちゃんが生まれたとき

 生まれたときの体重が、2,500グラム未満の赤ちゃん(低体重児)や、何らかの異常のある赤ちゃんはご連絡下さい。
助産師(助産師会委託)または、保健師(各地区総合支所)がご自宅に訪問させていただきます。

 みなと保健所では、小さく生まれたお子さま(おおむね2000グラム以下)と保護者の方のグループを開催しています。(ぷちとまとの会

ぜひご参加ください。

 未熟児であって、指定医療機関の医師が入院を必要と認めた場合は医療費の助成(養育医療)もご利用いただけます。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:みなと保健所健康推進課地域保健係

電話番号:03-6400-0084