• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 港区のできごと > 2020年1月のできごと > 第69回“社会を明るくする運動”港区作文コンテスト表彰式を開催しました

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2020年1月16日

第69回“社会を明るくする運動”港区作文コンテスト表彰式を開催しました

“社会を明るくする運動”は、すべての国民が、犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪や非行のない安全・安心な地域社会を築こうとする全国的な運動です。

港区では、本運動の理解と関心を高めていただくため、毎年夏休みの宿題の一つとして、区立の小・中学校の児童・生徒から日常の家庭生活、学校生活の中で体験したことを基に、犯罪や非行のない地域づくりや犯罪や非行をした人の立ち直りについて考えたこと、感じたことなどを題材とした作文を募集しています。

今年度も、1,034作品(小学生559作品、中学生475作品)の多数の応募があり、この中から小・中学校それぞれ最優秀賞、優秀賞が決定しました。

令和2年1月8日(水曜)、港区役所本庁舎にて表彰式を開催し、武井雅昭港区長から受賞者に対し表彰状及び記念品が授与されました。

第69回“社会を明るくする運動”港区作文コンテスト受賞者(敬称略)

 

小学生の部

中学生の部

最優秀賞

 「みんなもできる、社会を明るくする運動」

御成門小学校5年

田中 喜乃 (たなか きの) 

「その『一言』で社会を明るく」

高松中学校1年

神保 杏菜 (じんぼ あんな)

優秀賞

 「社会を明るくする運動に対して」

  青山小学校6年

吉池 由奈 (よしいけ ゆうな)

 「変えられないことはない」

  六本木中学校1年

石川 響希 (いしかわ ひびき)

 

受賞者集合写真

 

R1_jyusyosya_syugou

前列は受賞者で、左から、石川響希さん、神保杏菜さん、田中喜乃さん、吉池由奈さん

 

後列は“社会を明るくする運動”港区推進委員会で、左から、

佐藤伸弘地域活動部会長、青木康平教育長、武井雅昭港区長、出野泰正会長、針ヶ谷直仁副会長、竹内陽治副会長

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:保健福祉支援部保健福祉課地域保健福祉係

電話番号:03-3578-2380

ファックス番号:03-3578-2398