• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 健康・福祉 > 福祉 > 地域包括ケアシステム > 港区地域ケア会議 > 港区地域包括ケアシステム「令和元年度第2回港区地域ケア会議」を開催しました

ここから本文です。

更新日:2020年3月11日

港区地域包括ケアシステム「令和元年度第2回港区地域ケア会議」を開催しました

  今回は「認知症の人を地域で支えるために」というテーマで、港区医師会、港区芝歯科医師会、港区麻布赤坂歯科医師会、港区薬剤師会と共催し、関係団体の協力のもと、講演とシンポジウムを行いました。

港区医師会の医師を講師とした講演では、認知症の症状等を踏まえた上で認知症の人と接する際の配慮等について紹介がありました。

その後のシンポジウムでは麻布警察署、港区社会福祉協議会のパネリストの皆様から、日頃の活動紹介を交えつつ、それぞれの立場から認知症の人との関わりについてご発言頂きました。

麻布警察署より、おかえりサポート事業が認知症の人の安全に役立っていることや、最近増加している特殊詐欺について情報提供がありました。港区社会福祉協議会より、サロン活動を通して地域の人が認知症の人をうまくフォローできた例や、民生委員が地域の高齢者の変化に気づいて関係機関に繋げた例について共有しました。

また、参加者の中から港区シルバー人材センターより会員の地域班活動の取組みについて、高齢者支援課より認知症オレンジカフェについて紹介頂きました。

参加者から「認知症に対する理解と活動の取組みは参考になり、今後も生かしたい」という声があり、それぞれの立場から認知症の人との関わり方について改めて考え、地域や関係機関の結びつきによる支援がいっそう必要だという課題を共有できる機会となりました。

開催日時

令和2年2月18日(火曜日)午後2時から3時30分まで

会場

麻布区民協働スペース

参加者

  • 港区にお住まいの方
  • 介護関係者等

当日の様子

 

  

  

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:保健福祉支援部保健福祉課地域包括ケア推進係

電話番号:03-3578-2328(内線:2328)

ファックス番号:03-3578-2398