• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

ここから本文です。

更新日:2013年3月26日

港区が実施したヒートアイランド対策の効果

新橋駅前における取り組みの効果

港区では、平成17年度、JR新橋西口駅前広場において、保水性舗装を施した道路に下水再生水を自動散水する取り組みを実施しました。これは、広場全面の約2200m2に保水性ブロックを敷設するもので、雨水貯留槽を設置して,約1000m2の範囲に自動散水することにより、夏期に高温化する都心の熱環境を緩和させることをねらったものです。

本調査において、夏の日中の新橋駅前広場の表面温度をサーモカメラを用いて計測したところ、保水性舗装を実施した箇所はその他の箇所と比較して表面温度が明らかに低下していることが確認できました。(サーモカメラの色は、赤色が表面温度が高いことを示し、青に近づくほど低いことを示しています。)

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:環境リサイクル支援部環境課環境指導・環境アセスメント担当

電話番号:03-3578-2490