ここから本文です。

更新日:2021年4月1日

高断熱サッシ

高断熱サッシとは、断熱型のサッシや二重窓、Low-Eガラス等の窓の複層化は、窓からの熱の出入りを防ぎ、空調効率が向上することで省エネや冷暖房費の節約になるほか、結露や防音対策にも効果的です。

交付申請受付期間や、申請手続きの流れ、申請に必要な書類や完了報告に関する事項等は

創エネルギー・省エネルギー機器等設置費助成制度を確認してください。

1.助成金額、助成対象者に関する事項

助成対象者ごとの助成金額、助成上限額、機器の要件は以下のとおりです。

対象者

助成金額算出方法

上限額

設備要件

区民

設置に要する経費※1の4分の1

100,000円

1.国が実施する「高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業」もしくは「次世代省エネ建材支援事業」において、執行団体である一般社団法人環境共創イニシアチブに補助対象製品として登録されている窓及びガラスであること。

2.従来設備の改修であること

3.管理組合等の申請においては、原則全戸全窓(店舗部分を除く)の改修であること。
4.未使用のもの

管理組合等

(1)設置に要する経費※1の4分の1
(2)100,000/戸×施工戸数
(1)、(2)のいずれか低い金額

 

10,000,000円

※1設置に要する経費とは、サッシやガラスの購入及びこれらの取付けに関わる工事に要する経費を指し、消費税は含みません。また、算出した金額に千円未満の端数が生じた場合は切り捨てます。網戸は含まれません。
※ 防火地域、準防火地域に該当する場合は、建築基準法の規定に注意してください。

※管理組合向け高断熱サッシのみ、交付申請期限が他機器と異なります。創エネルギー・省エネルギー機器等設置費助成制度を確認してください。

2.機器の要件の確認について

助成対象機器の要件は、一般社団法人環境共創イニシアチブホームページ(外部サイトへリンク)で確認することができます。

「断熱リノベ」もしくは「次世代建材」のページを選択>補助対象製品一覧から検索してください。

3.対象機器別必要書類

創エネルギー・省エネルギー機器等設置費助成制度に記載している共通必要書類に以下の書類を合わせて提出してください。

また、見積書には、一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)登録型番を記載してください。

【管理組合等】交付申請に必要な書類のご案内(PDF:470KB)

(1)住戸タイプ別配置図

(2)フロアごとの住戸タイプ戸数一覧

(3)住戸タイプ別窓種類一覧

(4)住戸タイプ別窓個数一覧

(5)平面図 <作成例>

(6)提出書類チェックリスト(PDF:470KB)

※ 見積書の内訳には、SII登録型番や住戸タイプ、戸数等、費用の内訳を記載してください。

【集合住宅居住者】集合住宅の居住者(区民)が区分所有法上で共用部とみなされる部分に対象機器を設置する(外窓・ガラス交換等)などの改修を行う場合は、管理組合が改修することについて承諾する旨の記載がある以下のいずれかの書類を提出してください。

(1)「管理組合承諾書」の写し

(2)「管理組合総会の議事録」の写し

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境リサイクル支援部環境課地球環境係

電話番号:03-3578-2111(内線:2496~2498)