現在のページ:トップページ > 環境・まちづくり > 環境 > 助成制度・計画・調査・統計・報告 > 各種助成制度 > 管理組合等向けLED照明設置費助成

ここから本文です。

更新日:2021年7月17日

管理組合等向けLED照明※残り予算が少なくなっています

交付申請受付期間や申請に必要な書類、完了報告に関する事項等は

創エネルギー・省エネルギー機器等設置費助成制度のページを確認してください。

1申請手続の流れ

事前に港区省エネコンサルタント派遣事業の技術専門員による省エネ診断を受診し、港区マンション省エネ改善提案報告書を入手後、申請手続の流れ(PDF:450KB)に従い、手続きをしてください。

港区省エネコンサルタント派遣の詳細は、下記ページをご覧ください。

2助成金額、助成対象機器の要件に関する事項

助成金額、助成上限額、機器の要件は以下のとおりです。

対象者 助成金額 設備の要件
管理組合等

設置に要する経費
1/4

(上限1,000,000円)

1.港区マンション省エネ改善提案報告書に基づき導入するLED照明設備であること

2.<直管形>

1)LEDランプの固有エネルギー消費効率が60lm/W以上であること。

2)LEDモジュール寿命が40,000時間以上であること。

<直管形以外>

1)LEDランプの固有エネルギー消費効率が定格光束ごとに以下の基準値以上であること。

2)LEDモジュール寿命が30,000時間以上であること。

3.従来設備の改修であること(既存照明設備がLED照明の場合を除く。)

4.LED誘導灯及びLED非常灯については、次の要件を満たすこと

LED誘導灯

LED非常灯

建築基準法施行令(昭和25年政令第338号)第126条の5第1号又は第2号に規定する構造のもの

5.未使用のもの

※設置に要する経費とは、照明器具本体、ランプ、配電等の部材の購入及びこれらの取付けに関わる工事に要する経費を指し、消費税は含まれません。また、算出した金額に千円未満の端数が生じた場合は切り捨てます。

※助成対象機器及び台数は、「港区マンション省エネ改善提案報告書」に記載のある照明及び台数とします。また、提案された照明の消費電力の値を上限とします。

※港区マンション省エネ改善提案報告書の有効期限は、診断実施日から3年以内とします(診断後3年以上経過したものは助成対象外)。

誘導灯の要件の確認について

対象となる誘導灯の要件は、東京都環境局ホームページ内の「中小企業者向け省エネ促進税制対象機器」(外部サイトへリンク)トップ画面→導入推奨機器検索で確認することができます。

※誘導灯以外の照明については、確認する必要はありません。

3対象機器別必要書類

創エネルギー・省エネルギー機器等設置費助成制度に記載している共通必要書類、申請者別必要書類に以下の書類を合わせて提出してください。

(1)平面図<作成例>(PDF:482KB)

(2)港区集合住宅省エネコンサルタントが作成する港区マンション省エネ改善提案報告書の写し(診断日から3年以内のものであること)

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境リサイクル支援部環境課地球環境係

電話番号:03-3578-2111(内線:2496~2498)