現在のページ:トップページ > 区政情報 > 入札・契約 > プロポーザルの結果 > 港区環境マネジメントシステム事務局運営支援業務委託に係るプロポーザルの選考結果について

ここから本文です。

更新日:2022年3月24日

港区環境マネジメントシステム事務局運営支援業務委託に係るプロポーザルの選考結果について

1 プロポーザル方式採用の理由

本業務は、港区環境マネジメントシステム(以下「EMS」といいます。)における各種法令等に基づく国及び東京都へのエネルギー使用量等の報告、内部環境監査の実施等のEMS事務局業務を支援するもので、各種環境法令への精通と建物等のエネルギー管理に関する知識が求められる専門性が極めて高い業務です。
本業務の遂行に当たっては、環境の幅広い分野にわたる専門知識とスキルを有するとともに、EMSを十分に理解している事業者を選考する必要があることから、公募型プロポーザル方式を採用し、本業務を委託する事業者の選考を行いました。

2 選考の経過

日付

内容

令和3年 12 月21 日

第1回選考委員会

12 月24 日

公表、募集要項配布

令和4年  1月27 日

参加意思表明書・企画提案書等提出期限(申込締切)

2月 4日

第2回選考委員会(一次審査)

2月 7日

一次審査結果通知

2月10 日

第3回選考委員会(二次審査)

2月14 日

二次審査結果通知

3 事業候補者選考委員会の構成 

氏名

役職

委員長

長谷川 浩義

港区環境リサイクル支援部長
副委員長

清水 秀樹

港区環境リサイクル支援部地球温暖化対策担当課長
委員

山本 隆司

港区芝浦港南地区総合支所管理課長

大浦 昇

港区環境リサイクル支援部環境課長

佐藤 博史

港区教育委員会事務局教育推進部教育長室長

3 参加事業者数

 2者

4 選定事業候補者名

株式会社知識経営研究所

選定事業候補者の提案書

5 選定の理由

  •  環境マネジメントシステムに関する他自治体における類似実績が豊富であり、区の状況や、区の施設についてもよく理解している。
  • 提案内容・計画が具体的であり区における実践が期待できる。また、法令遵守や運用管理の徹底など基本的ではあるが重要な点が押さえられている。
  • 業務への取組意欲が感じられるとともに、業務遂行体制・サポート体制が良好である。

6 審査方法

 第1次審査

申込事業者から提出された申込書類及び提案書類について、審査基準に基づき、評価項目ごとに各選考委員が評価採点し、総合的な評価を行い、第一次審査通過者として2者を選考しました。

第2次審査

第一次審査通過者のプレゼンテーション及びヒアリングを実施し、審査基準に基づき、評価項目ごとに各選考委員が評価採点し、第一次審査と第二次審査とを合わせた総合評価により事業候補者を選考しました。

7 選考に係る資料

選考関係資料

審査結果

事業候補者選考委員会議事録

 

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境リサイクル支援部環境課地球温暖化対策担当

電話番号:03-3578-2479(内線:2479)

ファックス番号:03-3578-2489