ここから本文です。

更新日:2021年3月31日

港区低炭素化優良建築物表彰制度

令和3年4月1日施行の「港区民の生活環境を守る建築物の低炭素化の促進に関する条例」に基づき、「港区建築物低炭素化促進制度」及び「港区地球温暖化対策報告書制度」において、特に優れた届出をした建築主及び事業所等を表彰します。

表彰のノミネート

港区建築物低炭素化促進制度

建築物竣工後の「港区建築物低炭素化工事完了届出書(第4号様式)」の提出から3年以内に「港区建築物低炭素化PRシート(エクセル:24KB)」(任意提出)を提出した建築物及びその関係者

港区地球温暖化対策報告書制度

地球温暖化対策報告書(第7号様式)の提出の際に合わせて「港区地球温暖化対策PRシート(エクセル:30KB)」(任意提出)を提出した事業所及びその関係者

表彰の流れ

表彰対象者数の決定

「港区低炭素化優良建築物表彰審査委員会」にて、各種届出書類及びPRシートの提出状況等を基準に、年度ごとに表彰対象者数を決定します。

表彰対象選考

表彰候補者が提出した各種「PRシート」の内容を「港区低炭素化優良建築物表彰審査委員会」が定性評価し、総合評価が高い事業所を表彰対象として決定します。

表彰の実施

対象建築物・事業所とそれに関わる関係者を区が表彰・PRします。

※関係者の例

港区建築物低炭素化促進制度

建築主、設計者、施工者、その他企画から施工において地球温暖化対策に貢献した外部技術者等

港区地球温暖化対策報告書制度

事業者、その他事業所の地球温暖化対策実施に貢献したもの(ビル管理者、入居者、外部技術者等)

審査項目

各種PRシートに記載された内容を、以下の評価観点にて「港区低炭素化優良建築物表彰審査委員会」が採点します。なお、評価項目や配点は社会情勢及び提出された内容等を総合的に考慮し「港区低炭素化優良建築物表彰審査委員会」が決定します。

評価項目

内容

地球温暖化対策の措置

条例の趣旨に則った地球温暖化対策がなされているか。

条例第4条第1項(事業者の責務)

「建築物に起因する地球温暖化の防止及びヒートアイランド現象の緩和のため、建築物を使用し、又は利用した事業活動に伴う二酸化炭素排出量及びエネルギー使用量の削減に関する取組を自主的かつ積極的に実施しなければならない。」

先進性・独自性

実施されたエネルギー削減対策に、先進性・独自性があるか。

経済性

経済的効率性に優れた技術や手法を採用しているか。

持続性

エネルギー運用に係る取組方針が定められているか。又はエネルギー運用に係る実施体制が整備されているか。

普及効果

当該取組で用いられた技術や手法が、他事業者へ普及しているか。又は、普及が見込まれるか。

当該取組の成果が、学会発表や報道等を通じて広く周知されているか。

二酸化炭素排出係数の低いエネルギーの調達

※地球温暖化対策報告書制度のみ

契約している小売事業者から供給されるエネルギーの二酸化炭素排出係数が低い場合、加点する。(電気だけでなく、その他燃料等も対象)

 

その他

多くの事業所に取組を促していく趣旨から、一度表彰対象となった建築物、事業所等は表彰年度から3年度以内は再度表彰対象となりません。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:環境リサイクル支援部環境課地球温暖化対策担当

電話番号:03-3578-2479

ファックス番号:03-3578-2489