現在のページ:トップページ > 環境・まちづくり > 環境 > 地球温暖化対策 > 国産木材の活用促進 > みなと森と水ネットワーク会議がウッドデザイン賞2020で奨励賞を受賞しました

ここから本文です。

更新日:2020年12月14日

みなと森と水ネットワーク会議がウッドデザイン賞2020で奨励賞を受賞しました

「みなと森と水ネットワーク会議」とは、国産木材の活用を通じて、林業の活性化および低炭素化社会の実現に貢献するために構成された、区と全国の森林資源を豊富に有する82自治体からなる連携組織です。

これまでの都市部における国産木材の使用実績や活用促進に関する取り組み内容が高く評価され、12月11日に「ウッドデザイン賞2020」のソーシャルデザイン部門で奨励賞を受賞しました。

今後も全国の自治体との連携を深めるとともに、互いに手を取り合っていくことで、国産木材の活用を促進していきます。

※連携組織の取組等については、「みなと森と水ネットワーク会議」をご参照ください。

※賞の概要等については、 主催者ホームページ「ウッドデザイン賞(外部サイトへリンク)」をご参照ください。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:環境リサイクル支援部環境課地球温暖化対策担当

電話番号:03-3578-2474

ファックス番号:03-3578-2489