• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 環境・まちづくり > 建築・開発 > 港区住宅型総合設計制度

ここから本文です。

更新日:2020年4月7日

港区住宅型総合設計制度

総合設計制度とは

総合設計制度とは、一定規模以上の敷地を有し、一定の割合以上の実行性のある空地を確保している建築計画について、建築基準法上の容積率制限等の形態制限について緩和し、土地の高度利用、有効利用の促進及び敷地の共同化等を図るとともに、公共的な空地や空間を確保することによって、市街地環境の整備改善に貢献することを目的として創設された制度です。

港区では、良好な市街地住宅の供給を促進するため、住宅型総合設計について、容積率制限を緩和する許可の基準となる「港区住宅型総合設計許可要綱」を定め、運用しています。

区は、容積率割増し後の延べ面積が10,000平方メートル以下の建築計画を許可の対象としております。容積率割増し後の延べ面積が10,000平方メートル超の建築計画には「東京都総合設計許可要綱」が適用され、東京都が許可を行います。容積率割増し後10,000平方メートル超の建築計画は、東京都ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

港区住宅型総合設計の種別

総合設計制度は、以下のような制度、種別となっています。

  (1)適用区分:容積率割増し後の延べ面積10,000平方メートル以下

  (2)制度種別

  • 市街地住宅型総合設計                                                            (0.5Vo又は200パーセントのいずれか低い数値) 
  • 共同住宅建替誘導型総合設計                                                    (0.5Vo又は200パーセントのいずれか低い数値)                                            ※Vo:基準容積率                                                              ※割増容積率以上の住宅(専用面積50平方メートル以上)かつ住宅戸数10戸以上を計画すること

  (3)公開空地(有効係数)

  • 歩道状空地(1.3、1.0)
  • 広場状空地(1.0)
  • 屋外貫通通路(1.0)

港区住宅型総合設計の主な計画要件

総合設計制度を適用するにあたり、この制度の趣旨等を勘案したいくつかの計画要件があります。

  • (1)敷地面積の規模:500平方メートル以上
    (第一種低層住居専用地域は1,000平方メートル以上)
  • (2)空地の最低規模:計画地における建ぺい率に応じた空地
    (20パーセントから60パーセントの空地を確保)
  • (3)前面道路の幅員:用途地域に応じて6メートル以上または8メートル以上
    (共同住宅建替誘導型については6メートル以上とする)
  • (4)歩道状空地:道路に面する部分に幅員3メートル以上の歩道状空地を設置
    (共同住宅建替誘導型については2メートル以上とする)
  • (5)広場状空地の設置:用途地域及び敷地規模に応じた広場状空地を設置
    (最低規模100平方メートル以上)
  • (6)接道長:上記(3)の道路に、原則、敷地境界線の長さの合計の6分の1以上接すること

港区住宅型総合設計許可に係るスケジュール

実際の許可申請のスケジュールは、計画内容、近隣紛争及びその他の要因により「港区住宅型総合設計許可に係るスケジュール」とは異なることがありますのでご注意ください。

公開空地等の維持管理及び一時占用

建築主又は管理責任者は、計画建築物等の竣工後も公開空地及び公共空地(以下「公開空地等」という)を適切に維持管理する必要があります。

公開空地等の維持管理について

港区住宅型総合設計許可要綱実施細目第3条(公開空地等の維持管理)の規定により、建築主は、公開空地及び住宅等の設置にあたって当該公開空地等の維持管理を適切に行うことについて、「公開空地等管理責任者選任届及び誓約書)」を区長に提出してください。

また、管理責任者は公開空地等を適切に維持管理するものとし、その状況を3年ごとに「公開空地及び住宅の用途に供する部分の管理報告書」を区長に報告してください。

公開空地の一時占用について

港区住宅型総合設計許可要綱実施細目第20条(公開空地等の一時占用)の規定により、建築主は、公開空地の一時占用をしようとする場合、「公開空地等の一時占用申請書」を区長に提出し、承認を受ける必要があります。

 

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:街づくり支援部建築課建築企画担当

電話番号:03-3578-2285

ファックス番号:03-3578-2304