現在のページ:トップページ > 暮らし・手続き > ごみ・リサイクル > 清掃事業情報館 > 港資源化センタープラント設備更新・長寿命化計画

ここから本文です。

更新日:2021年1月19日

港資源化センタープラント設備更新・長寿命化計画

 港資源化センターは、家庭から回収した資源(資源プラスチック、びん、缶、ペットボトル)を選別、圧縮、梱包し、再生工場へと引き渡すための中間処理を行う施設です。平成11 年(1999 年)4月の稼働から約20 年が経過し、プラント設備の老朽化が進み、設備機器の摩耗等の理由で故障が発生するなど、施設の運営に支障が生じています。
 こうした中、円滑な中間処理を長期的に行うためには、老朽化の進むプラント設備の大規模な機器更新や、維持管理方法等の検討が必要です。廃棄物処理施設等インフラの維持管理・更新等を着実に推進するため、環境省が平成28 年(2016 年)3月に策定した「環境省インフラ長寿命化計画(行動計画)」に基づき、財政負担の縮減や予算の平準化を基本とし、機器更新や維持管理を計画的に実施する「港資源化センタープラント設備更新・長寿命化計画」を策定しました。

概要版

 ・港資源化センタープラント設備更新・長寿命化計画(概要版)(PDF:666KB)

本編

 ・港資源化センタープラント設備更新・長寿命化計画(PDF:2,180KB)

港資源化センタープラント設備の更新に係る生活環境影響調査書の縦覧と意見書の提出について

 港資源化センタープラント設備更新・長寿命化計画に基づき、プラント設備の更新に係る生活環境影響調査を実施しました。以下の日程により、生活環境影響調査書を縦覧できます。また、生活環境の保全上の見地から意見を述べたい方は、意見書を提出することができます。

縦覧期間:令和2年11月5日(木曜)から12月4日(金曜)まで

 ※縦覧期間は終了しました。

意見書の提出期限:令和2年11月5日(木曜)から12月21日(月曜)まで

 ※意見書の提出は締め切りました。

提出先:みなとリサイクル清掃事務所ごみ減量・資源化推進係

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境リサイクル支援部みなとリサイクル清掃事務所ごみ減量・資源化推進係

電話番号:03-3450-8025

ファックス番号:03-3450-8063