現在のページ:トップページ > 区政情報 > 入札・契約 > プロポーザルの結果 > 港区給食費管理システム構築等業務委託に係るプロポーザルの選考結果について

ここから本文です。

更新日:2022年9月1日

港区給食費管理システム構築等業務委託に係るプロポーザルの選考結果について

「港区給食費管理システム構築等業務委託」に係るプロポーザルの選考結果を公表します。

1 プロポーザル方式採用の理由

本件は、区立小・中学校の児童・生徒及び教職員等約13,000人分の給食費の管理を行うシステムの構築を委託するものであり、口座情報やアレルギー情報といった機微な情報も扱うことから、安全かつ安定的に稼働できるシステム構築を実現するため、高度な専門知識及び豊富な経験を有する事業者を選定することが必要です。そのため、委託項目に対応できる専門知識と技量を有する適切な事業者を選定することが可能となる公募型プロポーザル方式を採用しました。

2 選考の経過

日程 内容
令和4年5月6日(金曜日) 募集要項の配付開始
令和4年5月17日(火曜日) 質問受付締切
令和4年5月20日(金曜日) 質問回答
令和4年6月2日(木曜日) 参加申込書・提出書類受付締切
令和4年6月16日(木曜日) 第一次選考(書類審査)
令和4年6月23日(木曜日) 第二次選考(プレゼンテーション・ヒアリング審査)
令和4年6月24日(金曜日) 結果通知

 

3 参加事業者

2事業者

4 審査方法

第一次選考及び第二次選考を実施し、委託事業候補者を選考しました。

  • 第一次選考:書類審査
  • 第二次選考:プレゼンテーション・ヒアリング審査

5 選考事業候補者名

日本ソフトウェアマネジメント株式会社

6 選定理由

  • 給食費管理業務に特化したシステムを構築しており、システム導入を行うことで、区の給食費管理業務を安定的に稼働することが可能であること。
  • 障害時対応やシステム操作において、他自治体の豊富な保守実績から迅速かつ的確な保守対応ができること。
  • 他自治体への豊富な導入実績があり、導入スケジュールが短期間である中、導入の確実性が高いこと。
  • 導入自治体からの要望や学校給食の実情に合わせて、パッケージのバージョンアップが随時行われること。

7 事業候補者選考委員会の構成

委員長 中川 哲 株式会社Edlog代表取締役
副委員長 上村 隆 港区教育委員会事務局学校教育部長
委員 佐々木 貴浩 港区教育委員会事務局学校教育部学務課長
委員 平川 恒美 港区立高陵中学校長
委員 宮﨑 直人 港区立芝浜小学校長

8 関連資料

(1)選考関係資料

(2)審査結果

(3)選考委員会会議録

(4)提案書

 

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:教育委員会事務局学校教育部学務課保健給食係

電話番号:03-3578-2735

ファックス番号:03-3578-2759