現在のページ:トップページ > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康づくり > 結核予防 > 結核予防のために

ここから本文です。

更新日:2020年10月19日

結核予防のために

1.免疫力の低下を防ぎましょう

  • 免疫力を下げる要因には、過労や糖尿病や慢性腎臓病、癌、HIVの感染等があります。
  • 既に結核に感染している場合は、免疫力が低下すると結核を発病しやすくなります。
  • 日頃から免疫力が低下しないように、規則正しい生活を心がけましょう。また、栄養バランスのよい食事と十分な睡眠、適度な運動などが大切です。

2.せきエチケット

  • 結核患者が、せきやくしゃみをしたときに、空気中に飛散する結核菌を、吸い込むことによって感染するためせきエチケットが大切です。
  • せきがでている場合は、ティッシュやハンカチで鼻と口を覆う、マスクを使用するなど「せきエチケット」を心がけましょう。

3.BCG

  • BCGは結核を予防する為のワクチンです。
  • BCGをできるだけ早い時期(標準的には生後5か月から生後8か月に達するまで)に接種することが望ましいとされています。

リンク:結核健康診断

予防接種(BCG)

 

 

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:みなと保健所保健予防課保健予防係

電話番号:03-6400-0080(内線:3871)

ファックス番号:03-3455-4460