• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 健康・福祉 > 健康・医療 > 流行疾患・感染症・熱中症 > 中東呼吸器症候群(MERS)について

ここから本文です。

更新日:2019年1月25日

中東呼吸器症候群(MERS)について

中東呼吸器症候群(MERS)とは

中東呼吸器症候群(MERS)とは、2012年に初めて報告された新しい種類のコロナウイルス(MERSコロナウイルス)による感染症です。

主として、アラビア半島またはその周辺諸国に居住または渡航した方から患者が報告されています。

MERS発生地域から帰国し、国内に入国後、疑わしい症状がある場合には、受診の前に流行国から帰国した旨を電話で伝えてから、医療機関を受診してください。

 

≪注意!≫ラクダなど動物との接触や殺菌されていない乳や肉の喫食を避けましょう!!

・中東呼吸器症候群(MERS)について

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/mers.html(外部サイトへリンク)

・厚生労働省検疫所(FORTH)ホームページ

http://www.forth.go.jp(外部サイトへリンク)

mers

 

感染経路

ヒトコブラクダの関与が疑われています。家庭内、医療機関内での限定的なヒト-ヒト感染も報告されています。

症状

発熱、咳・息切れ・呼吸困難などの急性呼吸器症状。下痢等の消化器症状を伴う場合もあります。

高齢の方や糖尿病、慢性肺疾患、免疫不全などの基礎疾患のある人では重症化する傾向があります。

感染予防

海外に渡航される方は、渡航先の情報に注意し、現地では動物との接触を避けてください。

手洗い、うがい、咳エチケットを心がけましょう。


よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:みなと保健所保健予防課保健予防係

電話番号:03-6400-0081

ファックス番号:03-3455-4460