• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 健康・福祉 > 健康・医療 > 流行疾患・感染症・熱中症 > 【みなと保健所】新型コロナウイルス感染症への対応について > 新型コロナウイルス感染症軽症者の宿泊療養および自宅療養について

ここから本文です。

更新日:2020年5月15日

新型コロナウイルス感染症軽症者の宿泊療養および自宅療養について

「新型コロナウイルス感染症の軽症者等に係る宿泊療養及び自宅療養の対象および自治体における対応に向けた準備について」(令和2年4月2日付厚生労働省事務連絡)に基づき、区内の医療体制について検討した結果、港区においては、3月下旬以降、陽性者が急増し、陽性者すべてを勧告入院させることができない状況であると判断しました。勧告入院できなかった軽症者の皆様については宿泊療養または自宅療養といたします。

※この内容は令和2年4月17日時点のものであり、今後国や都の方針により変更する可能性があります。

対象者について

  • PCR検査の結果時に、港区内に居住実態がある人と入院中で港区内に帰宅される人が対象です。
  • 新型コロナウイルス感染症の疑いの時点で診療した医師、または保健所の医師の判断により、宿泊療養または自宅療養が可能と判断された人を対象とします。

※次の項目に該当する方は、基本的に入院療養をお勧めします。また、セルフチェック(PDF:496KB)で該当する項目がある人も、入院をお勧めします。

  1. 熱や呼吸症状が継続しており、治療が必要な人
  2. 65歳以上の高齢者
  3. 基礎疾患のある人
  4. 免疫抑制状態の人
  5. 妊婦

※入院治療により症状が軽快した人で、陰性確認ができていないまま、医師が医療機関以外での療養が可能と判断した人については、上記に該当されていても宿泊療養または自宅療養となります。

上記に該当しない場合でも、次に該当する人は入院または宿泊療養をお勧めします。

  1. 高齢者や基礎疾患がある方などハイリスク者と同居している人
  2. 医療従事者や福祉・介護職長その業務においてハイリスク者と接する方と同居している人

自宅療養について

自宅療養期間中は、感染症法第18条に基づく「就業制限」となります。

自宅療養の概要及び療養中の注意事項などの詳細は添付のチラシをご覧ください。

感染症法第18条就業制限とは

  • 一定の職業に従事することで感染症を蔓延させる恐れがあるため当該職業への就業を制限することです。
  • 新型コロナウイルス感染症は指定感染症となったため対象となりました。
  • 具体的な業務の内容は、飲食物の製造、販売、調理または取り扱いの際に飲食物に直接接触する業務及び接客業その他の多数者に接触する業務です。

宿泊療養について

東京都が指定した宿泊施設での療養となります。宿泊施設での療養を希望される人に対しては、区から東京都に対象者を伝え、調整の上、東京都の決定により入所となります。詳細については、陽性が判明した時にお伝えします。

新型コロナウイルス感染症による入院・宿泊の際のペットの飼育について

ご家族等にペットの世話をお願いできない場合には、知人の方にお預かりいただくか、ペットホテルを利用いただくことが必要となります。万が一に備えて、ペットを預けるための準備をしておきましょう。

療養および就業制限の解除について

入院後、陽性のまま自宅に退院した人については、療養に入ってから2週間で解除となります。

陽性判明時に自宅にいる人に対しては、毎日保健所から健康観察の連絡があります。症状が軽快し、診療した医師または保健所の医師が軽快したと判断した日から14日間経過した時に解除とします。

健康観察の内容は、体温、呼吸器症状、味覚嗅覚等についてです。

※陰性確認は致しません。

証明書の発行等について

検査結果が陽性と確定した時に港区内に居住または入院をされていた方に対しては、港区から、「就業制限」の通知が所在地に郵送されます。これ以外の証明書の発行は致しません。会社や保険会社等での新型コロナウイルス感染症に関する書類については、「就業制限」の通知をご利用ください。また、陰性となったことを証明する書類は発行いたしませんのでご了承ください。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:みなと保健所保健予防課保健予防係

電話番号:03-6400-0081

ファックス番号:03-3455-4460