現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 報道資料 > プレスリリース > 事業紹介等 > 2020年5月 > アレルギーのある幼児・児童・生徒のため東京慈恵会医科大学附属病院とホットラインを結びます

ここから本文です。

更新日:2020年5月29日

アレルギーのある幼児・児童・生徒のため東京慈恵会医科大学附属病院とホットラインを結びます

区立幼稚園、小・中学校では、アレルギー症状のある幼児・児童・生徒が増加しています。学校等でも研修を行う等の取組みを行っていますが、アレルギー症状か否か等の判断が難しく、命に係わる危険性もあり、適切な判断と迅速な対応が必要不可欠です。

区は、東京慈恵会医科大学附属病院と各区立幼稚園、小・中学校との間に、アレルギー対応ホットライン(専用電話)を導入し、専門的な視点から教職員等への適切な指示や緊急時の確実な搬送等が可能な体制を整えます。

アレルギー対応ホットライン事業概要

利用対象施設

区立幼稚園、区立小・中学校

開始日

令和2年6月1日(月曜)

アレルギー専用ホットライン導入の効果

  1. 東京慈恵会医科大学附属病院の小児科医に、幼児・児童・生徒の症状等を相談でき、対応について指示をもらうことで、確実な対応をすることができます。
  2. 幼児・児童・生徒を病院に搬送する必要がある場合に、病院側に迅速に受け入れてもらうことができます。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:教育委員会事務局学校教育部学務課保健給食係

電話番号:03-3578-2735

ファックス番号:03-3578-2759