• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 報道資料 > プレスリリース > 2020年6月 > 燃料電池ごみ収集車の開発・試験運用に向けて港区、東京都及び早稲田大学で基本協定を締結します

ここから本文です。

更新日:2020年6月25日

燃料電池ごみ収集車の開発・試験運用に向けて港区、東京都及び早稲田大学で基本協定を締結します

東京都及び早稲田大学は、水素社会の実現を目指し、都市の特性に適した燃料電池ごみ収集車(水素燃料)の開発・試験運用に向けた取組を進めています。

区は、温室効果ガスの削減に寄与することを目的として、この取組に参加・協力し、燃料電池ごみ収集車の試験運用を港区において実施するため、港区、東京都及び早稲田大学で協同事業に関する協定を締結します。

「燃料電池自動車」とは

走行距離が長く、動力としても多くのエネルギーを必要とする業務用車両における水素燃料の使用は、脱炭素化や水素利用の拡大のために非常に重要となります。

また、燃料電池ごみ収集車は、走行時に大気汚染物質を一切排出せず、走行及び作業時も静かなことから、ごみ収集時の作業環境や生活環境の生活向上にも貢献します。 

開発のベースとなる燃料電池ごみ収集車

協定の概要

目的

燃料電池ごみ収集車の開発・試験運用の円滑な実施に向け、緊密な連携及び協力を図るため、必要な基本事項を定める。

締結主体

港区、東京都、早稲田大学

主な役割分担

港区:ごみ収集ルートでの試験運用における車両運行

東京都:事業全体の進行管理、関係機関との調整等

早稲田大学:都市部での使用を想定した車両の改造と性能・導入効果の評価

その他

協定締結式は行わず、書面の取り交わしのみとします。

今後のスケジュール(予定)

令和2年度 燃料電池ごみ収集車(清掃車)の開発

令和3年度 試験運用開始

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:環境リサイクル支援部みなとリサイクル清掃事務所清掃事業係

電話番号:03-3450-8025

ファックス番号:03-3450-8063