• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 報道資料 > プレスリリース > 2018年6月 > 港区はすべての区有施設等の塀の安全対策を実施します

ここから本文です。

更新日:2018年6月28日

港区はすべての区有施設等の塀の安全対策を実施します

6月18日に発生した大阪府北部を震源とした地震では、小学校の塀が倒壊し、通学途中の児童が亡くなる痛ましい事故が起きました。

この事故を受け、区は6月19日から、区立幼稚園・小中学校を含むすべての区有施設・区有地376か所において、ブロック塀はもとより、生垣以外のすべての塀やフェンス(616か所)の安全性について、職員による緊急点検を実施しました。

点検した結果、建築基準法に適合していないブロック塀や老朽化等により安全性が懸念される塀・フェンスが18か所あることが判明しました。

緊急点検の結果

建築基準法に適合していないブロック塀

13か所(幼稚園1か所、小学校1か所、保育施設3か所、いきいきプラザ2か所、区立住宅1か所、自転車一時保管所1か所、施設整備用地4か所)

建築基準法には適合しているが老朽化等により安全性が懸念される塀・フェンス

5か所(中学校1か所、保育施設2か所、いきいきプラザ1か所、施設整備用地1か所)

建築基準法に適合していないブロック塀及び老朽化等により安全性が懸念される塀・フェンス18か所については、6月29日から順次、撤去、改修等を実施し、安全を確保します。

今回の調査により問題があることが判明した18か所以外の塀・フェンスについても、必要に応じて、専門家による鉄筋探査等の詳細な調査を行い、改修等が必要な場合は、速やかに対応していきます。

通学路の安全確保

現状確認

6月18日の地震以前に通学路点検を実施した学校7校については、ブロック塀等の位置の実地確認を改めて行い、6月28日現在終了しています。また、地震以後に通学路点検を実施している11校については、29日までに危険個所の点検を終え、小学校全18校の通学路点検が完了する予定です。

対応

6月20日付で各学校に対し、児童が危険なブロック塀等へ近づかないよう通知しています。さらに、通学路点検において確認したブロック塀等の位置を通学路マップに落とし込み、特に危険と思われる塀がある場合、区として、所有者へ対応依頼を行います。その後、すみやかに学校に情報提供し、点検の結果、危険と思われる塀等に近づかないよう学校から児童へ注意喚起を行い、状況に応じて通学路の変更を検討します。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

◆区有施設等の塀の安全対策について
所属課室:防災危機管理室防災課施設安全担当
電話番号:03-3578-2158/ファックス番号:03-3578-2539
◆学校施設の塀の安全対策について
所属課室:教育委員会事務局学校教育部学務課施設保全担当
電話番号:03-3578-2732/ファックス番号:03-3578-2759
◆通学路の安全確保について
所属課室:教育委員会事務局学校教育部学務課学事担当
電話番号:03-3578-2726/ファックス番号:03-3578-2759