• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 報道資料 > 事務処理の誤り > 2018年 > 認可外保育施設保育料助成金請求書の誤返送について

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2018年7月10日

認可外保育施設保育料助成金請求書の誤返送について

子ども家庭支援部保育課では、認可外保育施設保育料助成金の請求書を郵送で受付けた際、請求書の記載内容等に不備があった場合、請求書を返送するとともに修正を依頼しております。しかしながら、請求書1通を返送する際、請求者とは別人に送付してしまいました。

請求書には、助成金申請者の住所、氏名、児童氏名、印影が記載されています。

区は、再発防止に向け、助成金関係書類の送付処理については、厳正を期すことを徹底し、区民の皆さまの信頼回復に努めてまいります。

現状と経過等

平成30年7月3日、子ども家庭支援部保育課で、認可外保育施設保育料助成金の請求書を郵送で受付けました。

助成金申請者から送付された請求書について、本来、助成金申請者が当初提出している申請書と照合すべきところ、同姓の別人の申請書と照合してしまい、請求書の記載内容に不備があると誤って判断した結果、請求書を同姓の別人に誤って返送してしまいました。

担当者が、請求書の返送手続をした後、別の担当者がチェックし封入作業を行いましたが、内容確認が不十分であり、封筒の宛名と封入されている請求書が同姓の別人であることに気付くことができませんでした。

7月5日、誤って請求書を送付した方から「別人の請求書が入っている」と電話があり、誤返送が判明しました。

区は、誤送付した方にお詫びするとともに、誤って送付した請求書を回収いたしました。

また、本来送付すべき請求者には、経緯を説明しお詫びいたしました。

再発防止策

区は、このような誤りを起こさないよう、助成金関係書類を送付する際は、必ず複数の職員が送付物を一点一点丁寧に確認することを再徹底するとともに、なお一層、個人情報の重要性を再認識し、緊張感を持って慎重に事務処理を行うよう担当の全職員に指導します。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:子ども家庭支援部保育課運営支援係

電話番号:03-3578-2848

ファックス番号:03-3578-2384