• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 報道資料 > プレスリリース > 2018年8月 > 港区は、平成30年7月豪雨による被害を受けた広島市へ見舞金をお送りしました

ここから本文です。

更新日:2018年8月1日

港区は、平成30年7月豪雨による被害を受けた広島市へ見舞金をお送りしました

平成30年7月豪雨の影響を受けた広島市内では、河川の越水や土砂災害により多くの方が犠牲となりました。また、二次災害の危険などから現在も多くの方が避難生活を余儀なくされています。お亡くなりになられた方々のご冥福と、一日も早い再建をお祈り申し上げます。

港区は、昭和60年8月15日に「港区平和都市宣言」をし、その後、平成22年には、広島市が会長を務める「平和首長会議」に加盟し、核兵器廃絶と世界の恒久平和のために連帯しています。港区立芝公園(所在地:芝公園4-8-4)の「平和の灯(ひ)」は、広島市の平和の灯(ともしび)を分けていただいた火が灯されています。港区が例年7月下旬から8月中旬に開催している平和展では、広島平和記念資料館から被爆現物資料や広島市民の方が描かれた原爆の絵などの展示資料を多数借用しております。また、8月には幅広い世代の区民とともに、平和について考える機会として「平和のつどい」を実施し、平和の灯(ひ)分火自治体である広島市長から毎年メッセージをいただいており、港区と広島市は「平和」を通じて深いつながりがあります。

武井雅昭港区長は、7月31日(火曜)、広島市東京事務所(千代田区日比谷公園1番3号市政会館内)を訪問し、港区民を代表して、心からのお悔やみとお見舞いを申し上げるとともに、被災地の一日も早い復興を祈る気持ちをお伝えしました。

広島市への見舞金

▲(左から)武井雅昭港区長、杉浦信人広島市東京事務所所長

見舞金

港区からの見舞金 40万円

なお、港区議会は、全国市議会議長会を通じ、西日本豪雨被災地へ見舞金25万円(※)をお渡しします。

※全議員34人(一人当たり5千円)から17万円と、港区議会から8万円を合わせた額

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

◆港区からの見舞金について
所属課室:防災課防災係
電話番号:03-3578-2541/ファックス番号:03-3578-2539
◆港区議会からの見舞金について
所属課室:区議会事務局議会広報担当
電話番号:03-3578-2920/ファックス番号:03-3578-2932