現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 報道資料 > プレスリリース > 不祥事 > 区の集団接種会場において、従事する看護師、薬剤師による重大な違反行為がありました

ここから本文です。

更新日:2021年8月25日

区の集団接種会場において、従事する看護師、薬剤師による重大な違反行為がありました

区の新型コロナウイルスワクチン集団接種会場(以下「集団接種会場」という。)において、令和3年8月15日(日曜)及び8月18日(水曜)に接種に従事していた看護師及び薬剤師が、無断で自らに3回目の接種を行ったことがわかりました。

経緯

8月19日(木曜)、集団接種会場に従事していた者から、集団接種会場で医療従事者が自らに3回目の接種を行っているとの情報提供が区に入りました。

区は連絡を受け、同日、集団接種会場に医療従事者を派遣する委託事業者とともに、一部の看護師等にヒアリングを実施しました。併せて、当該の看護師、薬剤師を区の集団接種会場に配置しないよう指示し、当該行為の全容の把握と報告を求めました。

委託事業者と接種を行った看護師等との連絡が取れなかったことから、8月25日(水曜)に改めて事実確認及び状況把握のため、委託事業者とともに該当者へのヒアリングを実施しました。

次のとおり事実を確認しました。

  1. 8月15日(日曜)、集団接種会場の運営終了後に、既にファイザー製のワクチンを2回接種した看護師AとBが3回目の接種を希望したことから、看護師Cが医師の診断もなく無断で、当該会場で使用いていたモデルナ製のワクチンで3回目の接種をしました。
  2. 8月18日(水曜)にも、既にファイザー社製ワクチンを2回接種した薬剤師Dに対して、今度は、看護師Eが、医師の診断もなく無断で、当該会場で使用いていたモデルナ製のワクチンで3回目の接種をしました。

今後の対策

区の管理するワクチンは、区民に接種するためのものとして厳正に管理しています。今回の接種は、区民用のワクチンを無断で接種したものであり、区としては甚だ遺憾です。

区では、本事例を各会場で情報共有し、今後、無断でワクチンを接種するようなことのないよう、ワクチンの管理を厳正に実施するよう周知しました。

また、現在、日本国内では、3回目の接種や異なる種類のワクチンの接種は認められておりません。

区では、不適切な行為として、委託事業者へ厳重注意するとともに、厚生労働省や東京都等と連携し法令違反等の可能性を調査します。併せて、無断でワクチンを自らに使用したことについて、今後厳正に対応してまいります。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:みなと保健所保健予防課新型コロナウイルスワクチン接種担当

電話番号:03-6453-6757

ファックス番号:03-3455-4539