• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 報道資料 > 事務処理の誤り > 2018年 > 障害児通所支援サービスの「通所受給者証」の印字もれによる交付の誤りについて

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2018年12月4日

障害児通所支援サービスの「通所受給者証」の印字もれによる交付の誤りについて

港区は、障害児が障害児通所支援サービスを利用するにあたり、通所受給者証「(以下「受給者証」という。)」を交付しております。

平成30年11月7日(水曜)から11月28日(水曜)、区は受給者証の発行対象者(11名)に対して、受給者証番号が印字されていない受給者証を交付してしまいました。

経過等

平成30年11月28日(水曜)、区民課の職員が、受給者証の交付作業を行っていた際、受給者証に受給者証番号が印字されていないことを発見しました。

区は、受給者証を発行するシステムの委託事業者に原因を確認したところ、平成30年11月7日(水曜)に区が委託事業者にシステムの改修を依頼した際、委託事業者が処理を誤り、受給者証番号が印字されない設定としていました。

委託事業者及び障害者福祉課は、システム改修の際、検証作業を行いましたが、確認が十分でなく、誤設定に気付きませんでした。また、受給者証を交付する区民課では、交付する際に複数人で封入内容の確認を行っていますが、いずれも受給者証の記載内容を十分確認せずに交付してしまいました。

平成30年11月7日(水曜)以降、誤った受給者証は11名に交付していました。

区は、早急に11名の方にお詫びし、誤った受給者証を回収するとともに、受給者証番号が印字された正しい受給者証を発行しています。

なお、誤ったシステムは修正し、区は内容が正しいことを複数人で確認しました。

再発防止策

区は、委託事業者に対し、受給者証等のデータを改修する際は、改修前後のデータや設計書との突合をさせることを徹底します。

検証作業では、データだけでなく現物による新旧比較や改修内容を複数人で確認を行い、より正確に検証を実施いたします。

また、交付する際は、複数人で記載されている内容を全て確認することを徹底するとともに、これまで以上に厳正なチェックを行い、このような誤りが二度と起きないよう再発防止に努めます。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

■障害児通所支援サービスに関すること
所属課室:保健福祉支援部障害者福祉課障害者支援係
電話番号:03-3578-2462
ファックス番号:03-3578-2678
■福祉総合システムに関すること
所属課室:保健福祉支援部保健福祉課管理係
電話番号:03-3578-2376
ファックス番号:03-3578-2398