• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 報道資料 > 事務処理の誤り > 2018年 > 「国民健康保険料差押調書」の誤発送について

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2018年12月10日

「国民健康保険料差押調書」の誤発送について

区は、特定記録郵便で発送した「国民健康保険料差押調書(謄本)」(以下「差押調書」という。)2件について、別人の差押調書と入れ違えて発送してしまいました。

区は、誤って発送した方にお詫びをし、正しい差押調書をお届けするとともに、誤ってお送りした差押調書を回収します。

経過等

12月3日、保健福祉支援部国保年金課は、国民健康保険料の滞納2世帯に対して、差押調書を特定記録郵便で発送しました。

12月5日、国保年金課に、「自分あての郵便に他人名義の差押調書が同封されていた」という問い合わせがありました。

国保年金課が調査したところ、A様に発送した封筒にB様の差押調書、B様に発送した郵便物にA様の差押調書を封入し、誤発送したことが分かりました。

なお、差押調書には、世帯主の氏名、住所、金融機関の口座番号、滞納額が記載されています。

誤発送の原因

国保年金課では、区民等に郵便物を発送する際、封入者、確認者の2名体制で業務を行うことをルール化しています。しかし、今回の差押調書の封入作業においては、封入者が確認者へ中身の確認を依頼することなく、単独で封緘まで行ったことにより、中身の相違が発生して誤発送となりました。

再発防止策

差押調書の発送作業については、封入者は作業手順を順守し、必ず2名で内容を全て確認して慎重な事務を徹底するとともに、他の郵便物についても、厳正な二重チェックを行って、今後はこのような誤りが起きないよう再発防止に努めます。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:保健福祉支援部国保年金課滞納整理係

電話番号:03-3578-2536

ファックス番号:03-3578-2669