• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 報道資料 > 事務処理の誤り > 2019年 > 委託事業者による国民健康保険料の個別訪問カードの一時紛失について

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2019年4月3日

委託事業者による国民健康保険料の個別訪問カードの一時紛失について

港区国保年金課が事業者に委託して実施する、国民健康保険料の訪問催告業務(※)において、委託事業者が訪問時に使用している個別訪問カード(以下「訪問カード」という。)を滞納者が居住するマンションの管理室前に置き忘れ、一時紛失してたことが判明しました。

紛失した訪問カードは34名分で、氏名、生年月日、未納状況、過去の訪問履歴、世帯構成が記載されています。

紛失した訪問カードは、区民からの連絡により発見され、区は直ちに全員分の訪問カードを回収しました。

※国民健康保険料を滞納している世帯に対して、納付を催告するために、自宅を訪問するものです。

事故の概要

3月27日(水曜)、区が訪問催告を委託していた事業者(以下「事業者」という。)の訪問員が、滞納者に対して催告を行いました。

予定していた訪問が全て終了し帰庁した際所持していたかばんの中を確認したところ、訪問カードがないことに気づき、訪問員が訪問先周辺を捜索しましたが発見できませんでした。

同日、区民から区役所へ「マンションの管理室前に書類が置いてあった。」と連絡があり、訪問カードを置き忘れたことが判明しました。

区は直ちに訪問カードを全て回収し、紛失等がないことを確認しました。

再発防止策等

区は、事業者に対し、港区個人情報保護条例を遵守し、緊張感を持って慎重に個人情報を取り扱うとともに、訪問カードは、必ずカバンに紐で括り付けておくことを再度徹底しました。

また、滞納者宅から滞納者宅間を移動する際は、移動時の前に必ず、カバンの中に入っていなければならないものを指さし確認するようマニュアルのフロー図に追加し、全スタッフに徹底するよう改めて指導しました。

なお、一時紛失した訪問カードの34名の方については、経緯をお知らせするとともに、不審な電話等があった場合には、区へ連絡するよう周知します。

 

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:保健福祉支援部国保年金課資格保険料係

電話番号:03-3578-2643

ファックス番号:03-3578-2669