• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 報道資料 > 事務処理の誤り > 2019年 > 誤配付による個人情報の流出について

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2019年7月2日

誤配付による個人情報の流出について

港区立障害保健福祉センター(所在地:港区芝1-8-23 以下「指定管理者」という。)のこども療育パオ(※)は、「障害児給付費等代理受領額通知書及び利用者負担額領収書」(以下「通知書」という。)について、該当する保護者の連絡袋に入れる際、他の3名分の通知を誤って入れ、配付してしまいました。

通知書には、保護者氏名、児童氏名、受給者証番号、負担上限月額が記載されています。

区は、再発防止に向け、通知書の取扱いについて、厳正を期すとともに再発防止策を徹底し、区民の皆さまの信頼回復に努めてまいります。

※こども療育パオ:未就学の障害児が利用できる障害児通所施設

現状と経過等

6月28日、指定管理者は、平成31年4月にこども療育パオを利用した保護者に対して、連絡袋に入れる形で、通知書を配付しました。

7月1日、指定管理者に対し、「他の利用者宛ての通知書が入っていた」と当該保護者から通知書の返却があり、誤配付が判明しました。

指定管理者は、当該保護者に謝罪するとともに、他の利用者宛ての通知書を回収しました。

また、本来、通知書を配付すべき保護者に対しては、誤配付があったことを謝罪するとともに、通知書を配付しました。

原因

指定管理者は、通知書を封入する際に、本来すべき複数での確認が不十分なまま保護者に配付してしまいました。

再発防止策

区は、このような誤りを起こさないよう、指定管理者に対し、通知書を封入する際に複数枚重なっていないかどうか丁寧に確認するとともに、複数でのチェックを徹底するよう厳重に注意いたしました。

併せて、再度、職員に通知物の封入業務についての研修を実施して、個人情報の重要性を再認識させるとともに、緊張感を持って業務にあたるよう指導してまいります。

 

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:保健福祉支援部障害者福祉課障害者事業運営係

電話番号:03-3578-2387

ファックス番号:03-3578-2678