• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 報道資料 > 事務処理の誤り > 2019年 > 不適切なメール送信による個人情報の漏えいについて

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2019年7月4日

不適切なメール送信による個人情報の漏えいについて

令和元年7月3日(水曜)、麻布地区総合支所協働推進課は、区民参画組織麻布を語る会「麻布地区政策分科会」(以下「分科会」という。)委員複数の方に、電子メール(以下「メール」という。)を送信する際、誤って他の方にもメールアドレスを読み取れる形でメール送信(本来はBCCで送信するべきところ、TOで送信)してしまいました。

経緯及び原因

7月3日(水曜)、港区が分科会の開催通知をメールで受け取ることを希望する方にメール送信する際、誤ってメールアドレスを「To」に入力後、送信前の職員間チェックをせずにそのまま送信してしまいました。

7月4日(木曜)朝、他の職員の事後確認によりメール送信時の誤りが判明しました。

メール送信人数

31名

本件に対する対応

区は、メールを送信した方宛てにメール及び電話にて経緯を説明し、お詫びしました。

再発防止策

区は、今後このようなミスを起こさぬよう、メール送信時には送信先及び送信方法を他の職員と確認し合うルールを徹底するとともに、改めて協働推進課の全職員を対象に、個人情報保護研修を行います。

 

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:麻布地区総合支所協働推進課地区政策担当

電話番号:03-5114-8812

ファックス番号:03-3583-3782