• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 報道資料 > 事務処理の誤り > 2019年 > 個人情報の漏えいについて

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2019年8月6日

個人情報の漏えいについて

芝浦港南地区総合支所区民課(以下「区民課」という。)は、国民健康保険の限度額適用認定証(以下「認定証」という。)の発行申請に来た代理人に、認定証を発行しなかったとともに、発行できない理由として代理人に対象区民の保険料に関する個人情報を漏えいしてしまいました。

区は再発防止に向け、認定書等の発行手順について再確認し個人情報の取扱いに厳正を期すとともに、再発防止策を徹底し区民の皆様の信頼回復に努めてまいります。

経過等

令和元年7月31日、認定証の発行申請に代理人が来庁しました。代理人は、委任状をお持ちではありませんでしたが、対象区民の国民健康保険証を持参し代理人の身元確認ができたため、手続きができる条件を満たしていました。

しかし、対象区民には認定証が発行できない理由があったため、その旨を代理人に伝えたところ、代理人から発行できない理由を書いたものを求められ、保険料に関する個人情報を記載した用紙を代理人に渡し、手続きを完了せずにお帰りいただきました。

なお、認定証については、前日の7月30日に事前に国保年金課とご本人が相談を行い、認定証を発行できることを対象区民に伝えており、実際は発行が可能でした。事務処理時に確認しなければならない項目を職員が見落としたものです。

7月31日の午後、担当者及び区民課窓口サービス係長が代理人の会社へ直接うかがい謝罪し、認定証をお渡ししするとともに、保険料に関する個人情報を安易に代理人に渡してしまったことについてご本人と代理人に謝罪しました。

原因

窓口で対応した際、担当者は必ず過去の経緯を記録する箇所を確認し、情報共有することになっていますが、見落としてしまったこと、また、委任状のない代理人に対する個人情報の取扱いについて知識が不足していたことです。

再発防止策

区は、今後このような誤りを起こさぬよう、事務処理の手順を再確認し、過去の経緯の記録を必ず確認してから処理するよう、操作端末に注意喚起表示を行い、情報共有を徹底するとともに、再度職員に個人情報保護に関する研修を実施して、個人情報の重要性を再認識させ、緊張感を持って業務に当たるよう厳しく指導してまいります。

 

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:芝浦港南地区総合支所区民課窓口サービス係

電話番号:03-6400-0021

ファックス番号:03-5445-4590