• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 報道資料 > 事務処理の誤り > 2019年 > 誤発送による個人情報の流出について

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2019年8月27日

誤発送による個人情報の流出について

子ども家庭課は、「親子ふれあい助成事業申請書」(以下「申請書」という。)を約3400人の対象者に郵送する際、うち1件について他の世帯宛ての申請書を同封し発送してしまいました。

申請書には、当該世帯の世帯員氏名、住所が記載されています。

区は、再発防止に向け、発送作業の手順遵守を徹底し、区民の皆さまの信頼回復に努めてまいります。

現状と経過等

3月28日、子ども家庭課は、平成31年度の親子ふれあい助成事業利用対象者に対して、申請書を普通郵便で発送しました。

8月21日、麻布地区総合支所区民課に、利用券の引き換え交付のために来所した世帯の方から、「他の世帯の申請書が入っていた」という申し出があり、子ども家庭課が調査したところ、別の世帯の申請書を混入して送付したことが分かりました。

子ども家庭課は、誤って申請書が届いた世帯に対して謝罪するとともに、当該申請書を回収しました。

また、本来、申請書を送付すべき世帯に対しては、誤送付があったことを謝罪し、了解をいただいたうえで、正しい申請書を交付しました。

原因

子ども家庭課では、申請書の発送作業時に、印刷、紙折り作業の段階から複数人の目で内容を確認し、件数について送付リストとの突合作業を行ったうえで発送をしています。

しかし、今回、申請書2枚が重なっていたことに気付かないまま紙折り、封入作業をし、最終的に送付リストとの突合作業も不十分なまま発送してしまいました。

再発防止策

区は、このような誤りを起こさないよう、細心の注意を払いながら作業を行いその記録を残すとともに、送付リストとの突合作業を徹底します。

併せて、職員に通知物の発送業務についての研修を実施して、個人情報の重要性を再認識させるとともに、緊張感を持って業務にあたるよう指導してまいります。

 

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:子ども家庭支援部子ども家庭課家庭相談担当

電話番号:03-3578-2436

ファックス番号:03-3578-2384