現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 報道資料 > プレスリリース > 事務処理の誤り > 2020年 > 予防接種予診票の誤発送について

ここから本文です。

更新日:2020年10月21日

予防接種予診票の誤発送について

区は、10月14日(水曜)に高齢者インフルエンザ予防接種予診票(以下「予診票」という。)2通を区民に郵送する際に、互い違いに封入し別人の予診票を郵送してしまいました。

この予診票には、対象者の住所、氏名、生年月日及び性別が記載されています。

区は、再発防止に向け、郵便物の発送について、厳正を期すことを徹底し、区民の皆さまの信頼回復に努めてまいります。

経過等

10月16日(金曜)、みなと保健所保健予防課に、「違う氏名の予診票が届いた」という問い合わせがあり、調査したところ、2名の予診票を互い違いの封筒に封入し、それぞれ本来送付すべき対象者とは異なる宛先で発送したことが分かりました。

10月16日(金曜)と19日(月曜)に、それぞれの対象者に対して謝罪するとともに、当該予診票を回収し、本来通知すべき対象者に対し正しい予診票をお渡しいたしました。

原因

みなと保健所保健予防課では、予診票を窓付封筒で発送しており、発行封入担当者と確認者で確認しています。

しかし、本件では住民登録の住所とは異なる宛先への送付が必要であり、宛名を手書きした封筒と予診票を2名分続けて発行し、担当者、確認者の作業も不十分なまま封緘したため、封入物の入れ間違いが生じてしまいました。

再発防止策

郵便物を発送する場合は、申込書及び書類の内容と封筒宛名を確実に照合したうえで封緘することを徹底します。封入、確認は作業場所の環境を整え、複数で対応するとともに、厳正な二重チェックを行うことで、今後、このような誤りが二度と起きないよう、再発防止に努めます。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:みなと保健所保健予防課感染症対策担当

電話番号:03-6400-0081

ファックス番号:03-3455-4460