現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 報道資料 > プレスリリース > 事務処理の誤り > 2021年 > 不適切なメール送信による個人情報の流出について

ここから本文です。

更新日:2021年6月10日

不適切なメール送信による個人情報の流出について

区は、高齢者デジタル活用支援員の申込者3名に対し受付メールを送信する際に、誤って他の方にもメールアドレスを読み取れる形でメール送信(本来はBCCで送信するべきところ、CCで送信)してしまいました。

区は、再発防止に向け、メールの取扱いについて厳正を期すことを徹底し、区民の皆様の信頼回復に努めてまいります。

経緯

6月9日(水曜)、区は高齢者デジタル活用支援員の申込者3名に対して、受付完了のメールを送信しました。メール送信後すぐに、他の職員の事後確認により、誤って他の方にもメールアドレスを読み取れる形で送信していたことが判明しました。

区は、誤ったメールを送信した申込者3人に対して謝罪するとともに、メールの削除を依頼し、改めて同内容のメールをBCCで送信しました。

原因

メールを送信する際に担当者のみでメールの送信を行っており、ダブルチェックなどの確認体制が不十分でした。

再発防止策

区は、今後このような誤りを起こさないために、メールの送信にあたり、送信先及び送信方法を他の職員と確認し合うルールを徹底します。また、職員に個人情報の取扱いに関する研修を実施して、個人情報の重要性を再認識させるとともに、緊張感を持って業務にあたるよう指導してまいります。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:総務部情報政策課ICT推進担当

電話番号:03-3578-2080

ファックス番号:03-3578-2069