現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 報道資料 > プレスリリース > 事務処理の誤り > 2021年 > 不適切なメール送信による個人情報の流出について

ここから本文です。

更新日:2021年6月21日

不適切なメール送信による個人情報の流出について

区は、消費者センターの出前講座に関する事務連絡メールを関係者に送信する際、誤って消費者問題推進員2名のメールアドレスが他の方にも読み取れる形で送信(本来はBCCで送信すべきところ、CCで送信)してしまいました。

経緯

消費者センター(以下「センター」という。)に出前講座の依頼があった場合、委託事業者が講座の企画運営を行い、センターに登録している消費者問題推進員(以下「推進員」という。)が講師を務めることとしています。

区の総合支所から依頼があった出前講座について、6月17日(木曜)、委託事業者が総合支所の担当職員宛てに事務連絡メールを送信しました。その際、関係者間の情報共有のため、講座で講師を務める予定の推進員2名及びセンターの担当職員1名を宛先に加えましたが、本来、メールアドレスをBCCに入力すべきところ、誤って、CCに入力して送信しました。

6月18日(金曜)、メールを受信したセンターの担当職員が、CCで送信されていることに気が付いたため、誤ったメールを送信した推進員2名に対して謝罪し、メールの削除を依頼しました。

原因

区では、委託事業者に対して、個人情報の厳重な取扱いについて指導を行っていますが、当該事業者の社内において、個人情報の重要性についての認識が不十分であったため、誤ってメールを送信してしまいました。

再発防止策

当該委託事業者に対して厳重注意し、改めて個人情報の重要性と取扱いに関して、全社員への研修を速やかに実施するよう指導しました。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:産業・地域振興支援部産業振興課消費者センター

電話番号:03-3456-4159

ファックス番号:03-3453-0458