現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 報道資料 > プレスリリース > 事務処理の誤り > 2021年 > 誤発送による個人情報の流出について

ここから本文です。

更新日:2021年7月21日

誤発送による個人情報の流出について

区が新型コロナウイルスワクチンの接種券を再発行し郵送する際に、誤って同姓同名の別人に接種券を送付してしまいました。接種券には、住所、氏名、生年月日が記載されています。

区では再発防止に向け、接種券の再発行を含む業務手順について再確認し個人情報の取り扱いに厳正を期すとともに、再発防止策を徹底し区民の皆様の信頼回復に努めてまいります。

経緯

令和3年7月5日、新型コロナワクチンコールセンターに接種券の再発行の依頼がありました。受け付けた委託事業者のコールセンター職員は、氏名、生年月日、住所を聴取し、コールセンターで使用する管理システムの氏名検索で同姓同名の2人の情報を開きながら処理を行い、誤って別人のデータで再発行処理をしてしまいました。

令和3年7月19日、再発行を依頼した区民がコールセンターに予約の依頼をしたところ、生年月日が一致せず予約ができなかったことから、本人情報の確認をしたところ、別人の接種券を送付したことが判明しました。

該当の区民の方にはそれぞれ謝罪するとともに、誤って送付した接種券は回収し、本来発行する接種券を交付しています。

誤発送の原因

受付の際、検索された2人の個人情報を開いた状態で処理をすすめ、本人から聴取した住所や生年月日の再確認を怠ったことが原因です。

今後の対応

区では、今後、このような誤りを起こさないよう、委託事業者の運用や確認手順の見直しを行い、管理システムでの再発行処理に際しては、区民の個人情報の登録後に聴取した個人情報を改めて複数の職員で確認するフローへ変更し、従事職員全体への周知を徹底するよう指導しました。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:みなと保健所保健予防課新型コロナウイルスワクチン接種担当

電話番号:03-6453-6757

ファックス番号:03-3455-4460