現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 報道資料 > プレスリリース > 事務処理の誤り > 2021年 > 高齢者サービス利用者の個人情報流出について

ここから本文です。

更新日:2021年7月30日

高齢者サービス利用者の個人情報流出について

区が事業者に委託し実施している港区高齢者日常生活用具給付事業において、利用者情報の一部が流出したことが判明しました。

流出した情報は現時点で14名分であり、内訳は、氏名のみが9名、氏名と住所が4名、氏名と生活保護情報が1名です。

また、その他の情報流出の有無については、現在、受託事業者において調査中です。

経緯等

令和3年7月29日(木曜)、受託事業者(以下「事業者」という。)のサーバーが第三者からの不正アクセスを受け、情報の一部が流出したことに伴い、社内調査を行った結果、流出した情報に、区が実施する港区高齢者日常生活用具給付事業の利用者の情報が含まれていたことが判明しました。

現在、区では、情報が流出した利用者の方に経緯を説明し、お詫びをしています。また、併せて事業者からもお詫びをしています。

事業者においては、不正アクセスに係る通信経路の遮断、制限強化を実施し、サーバー、端末に関しては、最新バージョンのウイルスソフトによるスキャンの再実行を行うなど、被害拡大を防止するための複数のセキュリティ対策強化を実施済みです。

また、現段階で、流出した情報が悪用されたとの情報はありません。

再発防止策

区は事業者に対し、港区個人情報保護条例を遵守し、さらなるセキュリティ体制の強化に取り組むとともに、現在、事業者が実施している外部専門家の調査の結果を踏まえ、改めて再発防止策を講じるよう指導しました。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:保健福祉支援部高齢者支援課在宅支援係

電話番号:03-3578-2400

ファックス番号:03-3578-2419