現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 報道資料 > プレスリリース > 事務処理の誤り > 2021年 > 資料の紛失による個人情報の流出について

ここから本文です。

更新日:2021年9月3日

資料の紛失による個人情報の流出について

区は、令和3年9月1日(水曜)にアスベストの含有に係る実地調査において、解体予定の建物又は区役所との移動途中で「解体工事等を行う建築物の石綿事前調査結果報告書」(以下、「報告書」)という。)を紛失しました。

この報告書は、建物を解体する前に、事業者から区に石綿(アスベスト)の有無を届け出るもので、個人情報に該当する担当者名の記載がありました。

区は、二度とこのような誤りを起こさぬよう、報告書の持ち運びに伴う管理方法について、厳正を期すことを徹底し、事業者の皆様の信頼回復に努めてまいります。

現状と経過等

9月1日(水曜)、解体予定の届け出のあった建物2か所に区職員と委託事業者が石綿の有無の実地調査に行きましたが、職場に戻った際、1か所目の現場の報告書を紛失していることに気付きました。

区役所と現場は、自転車で移動していたため、移動ルートをたどり落ちていないか確認するとともに、建物内に入ることのできた2か所目の現場については、中に入り報告書を探しましたが、見つかりませんでした。

1か所目の現場については、既に不在であったことと、9月3日(金曜)にならないと解体事業者が現場に行くことができないとのことで、本日、職員が捜索に行きましたが見つけることができませんでした。

区は本日、届出を行った事業者及び担当者に、謝罪をしました。

原因

現場2か所の資料を1つのファイルで保管と持ち運びを行い、それぞれの現場で資料を取り出す際に落とした可能性があります。

また、移動の際は、持ち手の付いた布製のカバンを使用していましたが、チャックがなく完全に密閉できるものではありませんでした。

再発防止策

区は、資料の管理を現場毎に別のファイルで行うとともに、移動の際には、チャックのある完全に密閉できるカバンを使用します。

個人情報に携わるすべての職員に対して、個人情報の重要性をよく認識し、緊張感を持って業務にあたるよう再徹底します。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:環境リサイクル支援部環境課環境指導・環境アセスメント担当

電話番号:03-3578-2490

ファックス番号:03-3578-2489