現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 報道資料 > プレスリリース > 事務処理の誤り > 2021年 > 誤交付による個人情報の流出について

ここから本文です。

更新日:2021年9月24日

誤交付による個人情報の流出について

区は、国民健康保険証を区民に交付する際に、別人の国民健康保険証を交付してしまいました。

国民健康保険証には、氏名、住所、生年月日、性別のほか、世帯主氏名、国民健康保険の記号、番号、枝番号が記載されています。

区は、再発防止に向け、国民健康保険証交付の取り扱いについて、厳正を期すことを徹底し、区民の皆さまの信頼回復に努めてまいります。

現状と経過等

9月21日(火曜)、麻布地区総合支所区民課は、区内転居の手続きに来庁した区民に対して、住所を変更した国民健康保険証を交付しました。

9月22日(水曜)、区民から「受け取った国民健康保険証が自分の氏名ではないことに気が付いたが、どのようにすればよいか」という電話がありました。調査したところ、国民健康保険証の印刷時、印字位置を誤って印刷したため再印刷を行った際、国民健康保険証と本人確認書類が同一人物であることを確認しないまま、区民に交付してしまったことが分かりました。

9月22日(水曜)、区民に謝罪のうえ、誤って交付した国民健康保険証を回収し、差し替えて交付しました。また、個人情報の漏洩被害に遭われた区民の方には、9月24日(金曜)、経過を説明のうえ謝罪しました。

原因

国民健康保険証を交付する際は、出力した国民健康保険証と本人確認書類等を照合し、本人のものであることを確認したうえで交付するところ、職員が確認することを怠ったため、国民健康保険証の誤交付及び、個人情報が漏洩してしまいました。

再発防止策

区は、今後このような誤りを起こさないために、国民健康保険証の交付にあたり、交付前に出力した職員と別の職員が国民健康保険証と本人確認書類等の照合することで、誤交付を防止することができる体制を整え、事務処理方法を改めます。

併せて、職員に交付業務についての研修を実施して、個人情報の重要性を再認識させるとともに、緊張感を持って業務にあたるよう指導してまいります。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:麻布地区総合支所区民課窓口サービス係

電話番号:03-5114-8821

ファックス番号:03-3583-0892