現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 報道資料 > プレスリリース > 事務処理の誤り > 2021年 > 誤送付による個人情報の流出について

ここから本文です。

更新日:2021年10月11日

誤送付による個人情報の流出について

区が指定管理者制度を導入している特別養護老人ホームにおいて、指定管理者が利用料金請求書を利用者家族へ送付する際に、別の利用者家族へ郵送してしまいました。

区は、再発防止に向け、個人情報の取り扱いについて厳粛を期すことを徹底し、区民の皆さまの信頼回復に努めてまいります。

経緯等

9月29日(水曜)、特別養護老人ホーム港南の郷指定管理者(以下「施設」という。)は利用者家族に対して、利用料金請求書を郵送しました。

10月8日(金曜)、施設に「別の利用者の請求書が混入していたので返送する」という利用者家族からの連絡があり、施設が調査したところ、請求書1通が別の利用者家族の請求書に混入していたことが判明しました。

施設は、誤って通知が届いた家族に対して謝罪し、当該請求書を回収するとともに、本来送付すべき利用者家族に対して謝罪し、請求書を発送しました。

原因

施設では、通常は請求書を発送する際に、宛名等に誤りがないか複数人で確認しています。しかし、今回は、複数人で確認することなく通知を発送してしまいました。

再発防止策

区は、今後このような誤りを起こさないために、指定管理者に対して厳重注意し、通知送付手順の見直しを行い、再発防止を徹底するよう、指導しました。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:保健福祉支援部高齢者支援課高齢者施設係

電話番号:03-3578-2391

ファックス番号:03-3578-2419