• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 報道資料 > プレスリリース > 2019年3月 > 「パリ地方とノルマンディー地方印象派を巡る旅」展 開催

ここから本文です。

更新日:2019年3月20日

「パリ地方とノルマンディー地方印象派を巡る旅」展 開催

フランス観光開発機構 × 港区 特別企画

芝浦港南地区総合支所では、地域のふれあい空間づくりの一環として、区内最大の複合施設「みなとパーク芝浦」のアトリウムや区民ギャラリー等のスペースを展示会などに活用・提供しています。

今回、フランス観光開発機構(アトゥー・フランス)との特別企画として、「パリ地方とノルマンディー地方 印象派を巡る旅」展を開催します。モネやルノワールなど印象派の代表的な作品のパネルと、写真家の小川康博さんが当時の画家たちと同じ場所に立って撮影した写真作品を並列して展示します。フランス印象派の名画を現代的な視点とともにお楽しみいただけます。

概要

日時

平成31年3月20日(水曜)から4月22日(月曜) 午前8時から午後11時(※4月22日(月曜)は午後3時まで)

会場

みなとパーク芝浦1階アトリウム(港区芝浦1-16-1)

費用

無料

共催

  • フランス観光開発機構
  • 港区

内容

それぞれ12枚の印象派作品パネルと写真を並列して展示します。

港区とフランスとの関係が深まっています

日本で最初のフランス公使宿館は港区三田四丁目の済海寺に置かれました。また、在日フランス大使館やフランス観光開発機構も港区内にあり、かねてから港区とフランスは深い関わりがあります。

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会では、お台場がトライアスロン等のスイム競技の会場となる一方で、2024年パリ大会では、セーヌ川でトライアスロンの開催が予定されています。

港区とパリ市は、それぞれ大会後のレガシーとして、「泳げる海、お台場」「泳げるセーヌ」の実現をめざしていることから、実現に向けて互いに協力するために「港区とパリ市との連携協定」を平成30年に締結しました。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:芝浦港南地区総合支所協働推進課ベイエリア活性化推進担当

電話番号:03-6435-0481

ファックス番号:03-5445-4590