• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 報道資料 > プレスリリース > 2019年10月 > 「港区におけるクリエイティブ産業実態調査」が「第4回地方公共団体における統計データ利活用表彰特別賞」を受賞しました

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2019年10月18日

「港区におけるクリエイティブ産業実態調査」が「第4回地方公共団体における統計データ利活用表彰特別賞」を受賞しました

総務省では、地方公共団体における統計データの利活用を推進することを目的として、統計データを利活用して優れた取組を進める地方公共団体の表彰を行っています。

本日、平成30年度に港区政策創造研究所が実施した調査研究「港区におけるクリエイティブ産業実態調査」が「第4回地方公共団体における統計データ利活用表彰」特別賞を受賞しました。今回の受賞は、「既存調査では把握できないクリエイティブ産業の実態を独自調査により把握し、中小企業振興支援施策を推進している」点が評価されてのことです。11月18日の「第69回全国統計大会」で表彰式が行われます。

今後も研究所では、各部門が、区民福祉の向上につながる政策の創造をできるよう、政策形成面からの支援を行っていきます。

※「港区政策創造研究所」平成23年2月1日に、港区企画経営部内に設置した研究所で、各総合支所及び各支援部を政策形成面から支援することを目的としています。(所在地:港区役所内4階(港区芝公園1-5-25))

 

20191018_press5

港区におけるクリエイティブ産業実態調査報告書(平成31年3月発行)

20191018_press6

クリエイティブ度別のクロス集計

20191018_press7

多変量解析のグラフ

「港区におけるクリエイティブ産業実態調査」とは

「港区におけるクリエイティブ産業実態調査」は、港区政策創造研究所が平成30年度に実施した調査研究です。

この調査は、区内のクリエイティブ産業事業所に対してアンケート調査を実施し、クリエイティブ活動の実施状況や課題、事業環境としての港区の特徴、必要な行政サービス等について分析を行いました。 

「クリエイティブ産業」とは

独創性、創造性に強く関連するような事業(例えば、芸術、舞台芸術、音楽、映画、ビデオ、写真、テレビ、ラジオ、アニメ、ゲーム、デザイン、ファッション、広告、出版、工芸、玩具、家具、ソフトウェア、観光、食などに関する事業)が中心である産業のことです。

対象となる取組

地方公共団体における統計データを利活用した行政施策の立案、行政サービス改善の取組、行政課題解決のための取組、人材育成の取組等、統計データの利活用推進に資する取組

 

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部企画課政策研究担当

電話番号:03-3578-2568

ファックス番号:03-3578-2034