• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 報道資料 > プレスリリース > 2019年12月 > 港区は、台風第19号による被害を受けたいわき市へ見舞金をお届けしました

ここから本文です。

更新日:2019年12月16日

港区は、台風第19号による被害を受けたいわき市へ見舞金をお届けしました

令和元年台風第19号の影響を受けた福島県いわき市内では、河川の越水や土砂災害により多くの方が犠牲となりました。また、二次災害の危険などから現在も多くの方が避難生活を余儀なくされています。お亡くなりになられた方々のご冥福と、一日も早い再建をお祈り申し上げます。

いわき市と港区は、平成20年8月に「商店街友好都市との交流に関する基本協定」を締結し、全国交流物産展in新橋やみなと区民まつりへの出展、住民同士の交流など様々な分野において深いつながりがあります。

また、平成25年4月には「港区と福島県いわき市との災害時相互協力協定」を締結しており、10月16日から18日までの3日間に、ペットボトル飲料水(500ml)52,000本を届けました。

武井雅昭港区長は、12月16日(月曜)、いわき市東京事務所(新橋2-16-1 ニュー新橋ビル7階)を訪問し、港区民を代表して、心からのお悔やみとお見舞いを申し上げるとともに、被災地の一日も早い復興を祈る気持ちをお伝えしました。

港区からの見舞金 40万円

なお、港区議会は、全国市議会議長会を通じ、令和元年台風第19号被災地へ見舞金25万円をお渡ししています。

 

                     武井区長(左)と中澤秀夫いわき市東京事務所長

 

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

○港区からの見舞金に関すること
所属課室:防災危機管理室防災課防災係
電話番号:03-3578-2541
ファックス番号:03-3578-2539

○交流事業に関すること
所属課室:企画経営部企画課全国連携推進担当
電話番号:03-3578-2508
ファックス番号:03-3578-2034

○港区議会からの見舞金に関すること
所属課室:区議会事務局議会広報担当
電話番号:03-3578-2920
ファックス番号:03-3578-2932