• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 報道資料 > プレスリリース > 2020年2月 > 都内初 ~開かれた議会を目指して~和2年第一回港区議会定例会から議会中継映像に手話映像と文字通訳(字幕)を導入します

ここから本文です。

更新日:2020年2月18日

都内初 ~開かれた議会を目指して~
令和2年第一回港区議会定例会から議会中継映像に手話映像と文字通訳(字幕)を導入します

港区議会では、2月20日(木曜日)・21日(金曜日)に行われる予定の一般質問の議会中継映像に、手話通訳と文字通訳(字幕)を導入します。手話通訳と字幕を同時に導入するのは都内で初めての試みとなります。
また、議場の傍聴席には2台のモニターを設置し、一般質問時には手話通訳と字幕を見ながら傍聴することができるようにします。

障害の有無にかかわらず、どなたでも議会審議の内容をご理解いただけるよう開かれた議会を目指して取り組んできましたが、「港区手話言語の理解の促進及び障害者の多様な意思疎通手段の利用の促進に関する条例」の施行にあわせ、今定例会から導入するものです。

区議会中継手話

 議会中継映像のイメージ

傍聴席イメージ

 傍聴席のイメージ

 

※本日のお問合せは午後7時までにお願いいたします。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:区議会事務局議会広報担当

電話番号:03-3578-2920

ファックス番号:03-3578-2932