• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 報道資料 > プレスリリース > 2020年3月 > 「港区成人の日記念のつどい」の対象年齢をこれまでどおり20歳とします

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2020年3月31日

「港区成人の日記念のつどい」の対象年齢をこれまでどおり20歳とします

成年年齢を18歳に引き下げる改正民法が成立し、令和4年4月に施行されます。改正された民法が施行される初年度は、3学年が同時に成年年齢を迎えます(※)。区は成人式の対象年齢について検討し、対象となる区民やご家族の不安を早い段階で解消できるよう、取り組んできました。

検討の結果、令和4年度以降の「港区成人の日記念のつどい」(成人式)の対象年齢について、これまで同様に20歳とすることに決定しました。

※18歳以上20歳未満の方(平成14年4月2日生まれから平成16年4月1日生まれまでの方)は、令和4年4月1日の時点で成年に達します。平成16年4月2日生まれ以降の方は、18歳の誕生日に成年に達することになります

対象年齢を20歳とする主な理由

  1. 若者参画による「成人式」といった意識を高め、明日を担う「おとな」としての自覚と責任感を培うためには、より多くの対象者に参加いただきたいこと。
  2. 成人=20歳というこれまでの社会通念があり、一般的であること。
  3. 受験の時期と重なる確率が低く、多くの対象者が参加しやすいこと。
  4. 新成人が参画する実行委員会を定期的に開催し、当日の運営・企画等に携わることができる
    こと。
  5. 受験、就職等の準備で、保護者や本人の支出の重なりを避けることができること。

決定までの経緯

対象年齢を20歳とすることについて、区民意見を募集し、いただいたご意見の全てが賛意を示しています。あわせて、若者の意見を把握するため、民法改正後最初に当事者となる区内公私立中学校3年生(公立中学校は2年生も対象)へのアンケート調査を実施し、9割近くが賛成意見となりました。

成人式の名称について

民法上の成人が18歳であることと、港区の成人式の対象年齢が20歳であるという違いから誤解が生まれないよう、今後、現在の成人式の名称(現在:「成人の日記念のつどい」)を変更するかどうかについて検討します。

今後も、港区で節目の時を迎えるすべての若者に、成人の日記念のつどいにご参加いただき、その門出を思い出深いものとしていただけるよう、支援していきます。

 

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:子ども家庭支援部子ども家庭課子ども青少年育成係

電話番号:03-3578-2426

ファックス番号:03-3578-2384