現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 報道資料 > プレスリリース > 事業紹介等 > 2020年9月 > 東急不動産と「津波発生における避難者の受入れ等に関する協力協定」を締結します

ここから本文です。

更新日:2020年9月9日

東急不動産株式会社と「津波発生時における避難者の受入れ等に関する協力協定」を締結します

区では地震等の災害に起因し、東京湾内湾に津波が発生した際、津波からの緊急避難が必要な港区民・来街者等の港区内に滞在している者に対して、緊急避難施設として津波避難ビルを区内に21か所設けています。

今回、区内では民間初となる津波避難ビルとして、東京ポートシティ竹芝オフィスタワー管理組合管理者である東急不動産株式会社と、津波発生時における避難者の受入れ等に関する協力協定を締結します。

津波避難ビルとは・・・

大きな地震が発生し、東京湾内湾に津波警報、大津波警報が発令された場合に、津波から身を守るための一時的な避難場所のこと。区は、生涯学習センターやみなと図書館、みなとパーク芝浦(スポーツセンター)など、現在21の区有施設を津波避難ビルとして指定しています。

協定内容

東京湾内湾に大津波警報又は津波警報が発令された場合及び港区が津波に関する避難指示(緊急)を発令した場合に、東京ポートシティ竹芝オフィスタワーの2階から3階までのスキップテラス(一時滞在スペース)の一部を津波避難ビルとして提供して頂きます。

協定開始日

令和2年9月14日(月曜)※協定締結式は行いません。

 

民間初の津波避難ビル

東京ポートシティ竹芝オフィスタワー

(港区海岸1丁目7番1号)

港区指定津波避難ビルのサイン図

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:防災危機管理室防災課防災係

電話番号:03-3578-2541

ファックス番号:03-3578-2539