現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 報道資料 > プレスリリース > 事業紹介等 > 2020年11月 > 高齢者に対する新たな新型コロナウイルス感染症対策 濃厚接触者となった介護が必要な高齢者の生活を支援します

ここから本文です。

更新日:2020年11月30日

高齢者に対する新たな新型コロナウイルス感染症対策
濃厚接触者となった介護が必要な高齢者の生活を支援します

区は、在宅で高齢者を介護している家族が新型コロナウイルスに感染し、濃厚接触者となる要介護者が自宅にとりのこされてしまった場合や、ひとり暮らし等の要介護者が濃厚接触者となった場合に、要介護者の状況に合わせ、生活に必要なサービスが受けられるよう、在宅でのホームヘルプサービスや施設入所等の支援体制を整備します。

対象者

新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者で以下のいずれかに該当する人

  1. 介護が必要な高齢者等を介護している家族が新型コロナウイルスに感染し、他に介護する親族等がいない高齢者等
  2. ひとり暮らし等で介護が必要な高齢者等

対象期間

濃厚接触者としての健康観察期間終了まで(介護している家族が感染した場合は、家族の療養が終了するまで)

事業開始日

令和2年12月1日(火曜)

介護が必要な高齢者一人ひとりの状況に応じた支援策

下記サービスに係る経費は区が負担します。

在宅生活の支援

  • 介護保険制度の上限を超えてサービスが必要になる場合などに、区独自の制度でヘルパーを派遣
  • 区配食サービスの上限(週7食)を超えて、必要に応じ1日3食までの食事を提供

施設入所による支援

在宅生活が困難な場合に、特別養護老人ホームへの一時的な入所により、必要なサービスを提供し、生活支援を実施

入院の支援

医療機関に入院となる場合の入院費用を区が負担

要介護者の搬送支援

施設や医療機関への搬送費用を区が負担

濃厚接触者へ継続してサービスを提供する介護事業所へ協力金を支給

濃厚接触者となった要介護者へサービスを提供することで、十分な感染防止対策に要する経費や必要となる人件費等の相当分として協力金を支給することで介護事業所の事業継続を支援します。

協力金(要介護者1人あたり)

  • 訪問介護事業所(ホームヘルパー派遣)⇒15万円
  • 居宅介護事業所(ケアマネジャー業務)⇒3万円
※訪問介護事業所が同一世帯に同時に2人以上の濃厚接触者にサービス提供する場合は1人分とします。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:保健福祉支援部高齢者支援課在宅支援係

電話番号:03-3578-2400

ファックス番号:03-3578-2419