現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 報道資料 > プレスリリース > 事業紹介等 > 2021年1月 > みなと保健所からのお知らせ(1月28日)産後母子ケア宿泊型ショートステイ事業がさらに充実 受入施設に港区内の愛育病院が加わりました

ここから本文です。

更新日:2021年1月28日

みなと保健所からのお知らせ(1月28日)産後母子ケア宿泊型ショートステイ事業がさらに充実 受入施設に港区内の愛育病院が加わりました

区は、令和2年4月から、産後母子ケア事業の一環として、病院又は助産院に宿泊し、産後の母親の心と身体のケアや授乳、育児の相談などを行う「宿泊型ショートステイ事業」を実施しています。令和3年2月1日から、港区内の愛育病院が加わり、利用できる施設が5施設に増えました。

産後母子ケア宿泊型ショートステイ事業の概要

対象者

区内在住で、家族等からの十分な援助がない、体調不良や育児不安等の理由で、利用を希望する生後4か月未満の児とその母親(施設によって利用できる期間が異なります)

主なサービス内容

  • お母さんのケア(乳房ケア、健康状態のチェックなど)
  • 赤ちゃんのケア(健康状態、体重のチェックなど)
  • 育児相談、授乳指導、栄養指導など

利用可能日数

1泊2日から6泊7日まで(1回のお産につき、通算7日まで) 

※分割しての宿泊も可能で、延べ7日を上限

利用者負担

宿泊の利用料金の一部を港区が負担します。

※施設ごとに実施しているオプションサービス、診察費用等は助成対象外です。

利用方法

事前に利用登録申請が必要です。申請期間は、妊娠8カ月から利用日14日前までです。

利用できる施設(所在地)

  • 東都文京病院(文京区)
  • 東京都済生会中央病院(港区)
  • 日本赤十字社医療センター(渋谷区)
  • 聖路加助産院マタニティケアホーム(中央区)
  • 愛育病院(港区)  2月1日から

※施設によって、利用条件が異なります。

宿泊型ショートステイとは

母親と赤ちゃんが一緒に、区が契約する医療機関等の施設に短期間宿泊して、24時間体制で、母親の体調回復のための支援や助産師等の専門スタッフの見守りのある環境で授乳指導、栄養指導などを適宜、具体的に受けることができるサービスです。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:みなと保健所健康推進課地域保健係

電話番号:03-6400-0084

ファックス番号:03-3455-4460