現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 報道資料 > プレスリリース > 事業紹介等 > 2021年6月 > シティハイツ竹芝エレベーター事故調査 最終報告書を公表しました

ここから本文です。

更新日:2021年6月24日

シティハイツ竹芝エレベーター事故調査 最終報告書を公表しました

平成18年6月3日(土曜)、特定公共賃貸住宅「シティハイツ竹芝」において、居住者がエレベーター事故に遭い亡くなられてから、15年が経過しました。

港区は、将来ある尊い命が失われた事の重大性を重く受け止め、事故直後の平成18年6月9日に港区シティハイツ竹芝事故調査委員会(以下「事故調査委員会」という。)を設置しました。事故調査委員会では、多くの資料が捜査機関に押収された中で、4次にわたり中間報告書を公表するなど、独自に事故原因の究明と再発防止策の検討を行ってきました。

その後、平成30年3月の刑事訴訟の終結及び令和元年12月の区原告訴訟の和解に伴い、捜査機関から事故機部品等の全ての押収資料が区に還付されました。

事故調査委員会では、これまでの中間報告書で事故機部品が押収されていたことや、訴訟が係争中であるとの理由で調査保留としてきた事項について整理するとともに、事故に係るこれまでの対応等についてとりまとめ、最終報告書を作成しました。

最終報告書の内容

  • 中間報告書(第3次)及び中間報告書(第4次)にて押収資料の還付や訴訟の終結を待って行うとしていた16項目の調査事項を中心に調査・検討を行い、整理しました。
  • 今後の区の安全対策に資することを目的として、事故当時の区関係者に対してヒアリングを実施しました。
  • これまでの区の事故対応や安全対策等について、総括的な取りまとめを行うとともに、今後の区の安全対策に係る取組の方向性を示しました。

最終報告書は、区ホームページからご覧いただけます。

参考

 

公表年月

報告内容

中間報告書(第1次)

平成18年8月

事故発生時の初期対応、日常管理上の問題点等、検討すべき項目と方向性についてまとめたもの。

中間報告書(第2次)

平成19年3月

区が早急に取り組むべき対策と関係機関への要請についてまとめたもの。

中間報告書(第3次)

平成21年1月

事故機隣接機を使った区独自の再現実験の内容と結果についてまとめたもの。

中間報告書(第4次)

平成29年3月

中間報告書(第1次)で押収資料の還付を待って行うとしてきた調査項目等についてまとめたもの。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:防災危機管理室防災課施設安全担当

電話番号:03-3578-2158

ファックス番号:03-3578-2539