現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 報道資料 > プレスリリース > 事業紹介等 > 2021年7月 > みなと保健所からのお知らせ(7月28日)新型コロナワクチン接種の後に感染する人が増えています ワクチン接種後も感染予防の徹底が必要です

ここから本文です。

更新日:2021年7月28日

みなと保健所からのお知らせ(7月28日)新型コロナワクチン接種の後に感染する人が増えています ワクチン接種後も感染予防の徹底が必要です

概要

1回接種後陽性:111件 2回接種後陽性:20件

新型コロナウイルス感染症を予防するワクチン接種は、現在、住民接種や職域接種等による接種が進んでいます。

しかし、ワクチンを1回接種しただけでは、その効果が最大限発揮されません。

6月16日から7月21日までにみなと保健所に届出があった新型コロナウイルス感染症の陽性者(1,478人)のうち、ワクチン接種後の陽性者は131人〔年齢:18歳~85歳(区民等:77人、左記以外:54人)〕いました。

※届出時の8割が軽症者で重症者はなし

20210728_press2

世代別ワクチン接種後の陽性者数(6月16日から7月21日までの港区受理件数)

感染の主な原因

ワクチンを1回接種するだけでは、十分な感染予防効果はありません

感染経路の約6割(調査中含む)が不明ですが、ワクチン接種による安心感からか、食事やパーティー、イベントなどの会食や家族内感染といった、マスクを外す機会での感染が多い状況です。

ワクチンの最も高い感染予防効果が得られるのは2回目接種後から2週間程度経ってからで、1回接種だけでは十分な効果は得られないため、マスク着用や手指消毒などの継続的な感染予防が重要です。

ワクチン接種後の感染予防を促すリーフレットを作成しました

みなと保健所では、ワクチン接種後の感染者が発生していることから、ワクチン接種と併せた感染予防の徹底が重要であることを注意喚起するリーフレット(PDF:768KB)を作成しました。

 

ワクチン接種だけでは感染対策は万全ではありません。

マスク着用や手指消毒など、他の感染予防の大切さを再認識することが重要です。

社会全体のワクチン接種率が上がり、流行が落ち着くまでは、ワクチン接種以外の感染予防も続けましょう。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:みなと保健所保健予防課保健予防係

電話番号:03-6400-0081

ファックス番号:03-3455-4460