現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 報道資料 > プレスリリース > 事業紹介等 > 2021年8月 > 港区はジンバブエ共和国のホストタウンです ジンバブエ共和国選手団によるパラリンピック事前合宿が中止となりました

ここから本文です。

更新日:2021年8月4日

港区はジンバブエ共和国のホストタウンです ジンバブエ共和国選手団によるパラリンピック事前合宿が中止となりました

令和2年5月に、区は、ジンバブエ共和国のホストタウンとして登録され、これまでの間、大会の気運醸成イベントに同国大使館の職員等を招待することや、区立白金の丘学園で同国の料理を再現した給食を提供し、同国大使との交流を深めるなど、様々な事業に取り組んできました。

東京2020大会では、選手団の事前合宿や事後交流を予定していましたが、同国のオリンピック出場選手の決定が遅れていた状況を踏まえ、令和3年6月21日(月曜)、区は、オリンピックの事前合宿は実施しないことを同国と確認しました。

その後、パラリンピック選手団の事前合宿や事後交流の実現に向け調整してきましたが、区は、同国の出場選手の来日が遅れるとの連絡を受け、事前合宿を実施する時間的な余裕がないことから、8月4日(水曜)、区は、同国によるパラリンピックの事前合宿は実施しないことを確認しました。

なお、事後交流については、現下の新型コロナウイルス感染症の状況等を踏まえ、直接選手と触れ合う交流が難しいため、オンラインによる交流の可能性について、検討を進めています。

今回、同国と具体的な交流を深めることはできませんでしたが、区は、引き続き、同国の大使館職員などの関係者と連携し、大会終了後も末永く続く交流事業を検討していきます。

参考:ジンバブエ共和国の概要

 

項目

内容

備考

面積

約38.6万㎢

日本:約37.8万㎢

人口

約1,465万人

2019年 世界銀行調べ

首都

ハラレ

-

言語

英語、ショナ語、ンデベレ語 等

-

駐日大使館

港区白金台五丁目9番10号

1982年(昭和57年)3月8日から現在まで

タイタス・メリスワ・ジョナサン・アブーバスツ特命全権大使

出場選手:

今回大会

オリンピック:5人(競泳、ゴルフ、ボート及び陸上競技)【競技終了】

パラリンピック:9人(バドミントン、パワーリフティング、陸上競技及び水泳)【8月3日現在】

出場選手:

前回大会

(参考)

オリンピック :31人(アーチェリー、陸上競技、馬術、女子サッカー、ボート、射撃及び競泳)

パラリンピック: 6人

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部企画課オリンピック・パラリンピック推進担当

電話番号:03-3578-2572

ファックス番号:03-3578-2034