現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 報道資料 > プレスリリース > 事業紹介等 > 2021年9月 > 港区立郷土歴史館特別展「人形~人とともにあるもの~」10月2日(土曜)から開催

ここから本文です。

更新日:2021年9月16日

港区立郷土歴史館特別展「人形~人とともにあるもの~」10月2日(土曜)から開催

未来への不安を取り除くため、切実な願いを叶えるために祈りを捧げる。それはコロナ禍の今も、そして昔も変わらない人の姿です。人が「人の形をしたもの」に願いを託したときに、人と人形(にんぎょう・ひとがた)の歴史は始まったといえます。人の手によって作られた人形は、人とのかかわりにおいて多様に展開し、日本独自の文化を形成しました。

本展では、港区にゆかりのある人形を中心に、人形に託された役割~人を守り、願いを受けとめ、楽しませ、寄り添う~に焦点をあて、人とともにある人形の特性を探ります。

20210916_press1

20210916_press2

20210916_press3

左:ポスター 中:弓曳き童子[久留米市教育委員会蔵] 右:山車人形 日本武尊[NPO法人赤坂氷川山車保存会(赤坂新町五丁目町会)蔵]

概要

※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、混雑時は入場制限を行う場合があります。また、今後の状況により会期等が変更となる場合があります。

開催期間

令和3年10月2日(土曜)~12月5日(日曜)

会場

港区立郷土歴史館 特別展示室(白金台4-6-2 ゆかしの杜内)

開館時間

午前9時~午後5時(土曜のみ午後8時まで)※入館受付は閉館30分前まで

休館日

10月21日・11月18日(いずれも木曜)

特別展観覧料

大人 400円(320円)小・中・高校生 200円(160円)

※常設展とのセット料金 大人 600円(480円) 小・中・高校生 200円(160円)

※()内は10名以上の団体料金です。

※区内在住・在学の小・中・高校生、区内在住の65歳以上の方、区内在住の障害者とその介助者(1名)の観覧料は無料です(証明ができるものをご持参ください)。

公式サイト(外部サイトへリンク)

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:教育委員会事務局教育推進部図書文化財課文化財係

電話番号:03-6450-2869

ファックス番号:03-6450-3184