現在のページ:トップページ > 暮らし・手続き > 平和・人権 > 人権の取り組み > 港区人権講座2021を開催します

ここから本文です。

更新日:2021年7月16日

港区人権講座2021を開催します

本講座は、オンラインツール(Microsoft Teams)または動画配信での開催となります。

オンラインツール(Microsoft Teams)にて開催する講座は、事前申込が必要ですので、下記からお申込みください。

人権講座2021

 

「アイヌの人々の歴史と現在」

令和元年5月に「アイヌ施策推進法」が施行され、総合的なアイヌ政策が進められています。

令和2年7月には、北海道白老町にアイヌ民族の歴史や文化を学ぶことができる施設「ウポポイ(民族共生象徴空間)」がオープンしました。

 

本講座は、アイヌの人々の歴史と現在について、お話しいただきます。

なお、本講座は、オンラインツール(Microsoft Teams)にて実施します。

通信費は参加者のご負担となりますので、あらかじめご了承ください。

内容

講演「アイヌの人々の歴史と現在」

講師

アイヌ文化活動アドバイザー 弓野 惠子 さん

開催日時

令和3年8月3日(火)16時~17時

対象者

どなたでも

定員

30名(申込期限までに募集人数の上限に達した場合、募集を締め切ります。)

申込

令和3年7月27日(火)までに下記「アイヌの人々の歴史と現在 参加者申込フォーム」からお申込みください。

お申込みいただいた方には、7月28日(水)以降、港区より参加方法のご案内をメールにてお送りします。

アイヌの人々の歴史と現在 参加者申込フォーム

 

ハンセン病問題から学ぶこと

ハンセン病は、近代以降の間違った隔離政策が原因で、患者やその家族の人権が侵害された日本固有の人権問題です。

本講座は、日本のハンセン病問題の歴史、人権侵害や差別の実態、ハンセン病問題の歴史から私たちが学ぶべきことについお話しいただきます。

なお、本講座は、港区ホームページにて動画を配信します。

内容

講演「ハンセン病問題から学ぶこと」

ビデオ「知っていますか?ハンセン病問題」(外部サイトへリンク)

※講演「ハンセン病問題から学ぶこと」については、9月1日(水)以降ご覧いただけます。

講師

国立ハンセン病資料館 事業部社会啓発課 課長 大高 俊一郎 さん

 

新型コロナウイルス感染症の時代と人権

令和3年5月に配信した憲法週間記念講演のつどい「新型コロナウイルス感染症の時代と人権」について現在も配信しています。

内容

講演「新型コロナウイルス感染症の時代と人権」

※5月1日(土)から配信しています。

講師

東京都立大学教授 木村 草太 さん 

 

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:総務部総務課人権・男女平等参画係

電話番号:03-3578-2025

ファックス番号:03-3578-2976