• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 暮らし・手続き > 平和・人権 > 人権の取り組み > 企業と人権 > 企業と人権 部落差別の現状 身元調査 結婚に関する差別

ここから本文です。

更新日:2012年3月30日

企業と人権 部落差別の現状 身元調査 結婚に関する差別

身元調査

採用や結婚のとき、調査会社などを使って出身地や家族の状況を調べる事例があります。このような身元調査は、部落差別につながる人権侵害となる可能性があります。

本人の資質とは関係のない、また、本人にはどうすることもできない「生まれ」や「家庭環境」などで不採用になることは明らかに不合理なことです。

結婚差別によって、差別された人が傷ついたり、時には尊い命を自ら絶つ場合もあるだけでなく、差別した人も自分の行為により結果的には愛する人を奪われ、自分自身も傷つくことになるのです。

身元調査は、調査を依頼する側だけでなく、調査に協力する側にも問題があります。

同和問題をはじめ、差別につながる可能性のある身元調査は「しない」「頼まない」、調査は「断わる」という姿勢が大切です。

結婚に関する差別

結婚に際して、相手方が同和地区出身であることを理由にして、婚約を解消されたり、結婚に反対する結婚差別は、部落差別の中でもっとも深刻な問題といえます。

結婚は、人間関係の中でもっとも深い結びつきであり、その自由と権利は、男女ふたりの意思によると憲法が保障しています。

しかし、親や親戚の中には調査会社などを通じて相手が同和地区出身かどうかの身元調査をする例があります。

同和地区出身者に対する偏見や差別意識から周囲が反対し、ふたりの意思が尊重されないことは許されないことです。

女の子
ゆ、ゆるせない・・・

男性
一体、なにが違うというんだ・・・

女性の両親
大切な娘とは結婚させん!

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:総務部総務課人権・男女平等参画係

電話番号:03-3578-2025